ボスホスは世界一大きいバイクだがその価格は

今、カタログ商品として世界で一番大きいバイクってどんなものでしょうか?
(高さが3mもあるようなギネス狙いの芸術品は別として、工業製品として販売されているものに限定してね)


スポンサーリンク


アメリカのボスホス(BOSSHOSS)と言うバイクメーカーの製品がすごいですね。
この子の前に来たら、ハーレーやアマゾネスといえども、お辞儀をして通るだろうってものですよ。

何しろ、GMのシボレーV8エンジンをバイクに積んでいるのだからシャレにもならない大きさです。
560-L-1
この写真は、2007年度カタログにあった

・8200cc
・500馬力、
・重さ600kg

の化け物ですが、2009年度版カタログでは8200ccはなくなり、6200ccが最大になっています
(それでも十分に大きいですけどね)
おそらくシボレーからのエンジン供給の都合によるのでしょう。

昔、合格率がとても低く、厳しいと言われていたのが幻の「限定解除」試験です。
その関門のひとつが、倒れた大型バイクを起こすことだとされていました。

当時の対象バイクは750ccでした(例えばホンダCB750は235kg)が、これをクリアできない受験者が結構いたと聞いています。

特に女性にとっては厳しかったはずです。
もしも試験車両がボスホスで、重量600kgの化け物バイクを起こすことが条件だったら、プロレスラーくらいしか合格できなかったことでしょう。

価格も怪物並みで800万円もします。

★追記(2016年7月)★

新しい情報を求めてテネシー州のBOSS HOSS社のサイトを調べてみたところ、最近ではバイクよりもトライクに重点をおいているようです。

公式サイトに価格の表示はなく、すべてが特別仕様車で、オプション設定をしてから見積もりを取る形式のようです。

価格がはっきり分かる米国での中古車価格を2つ示します。

下の写真(赤)
2012年製 Boss Hoss BHC-3 LS300 (4804cc 295HP)が
54,000ドル

20160719SS00001

下の写真(白)
2012年製 BOSS HOSS BHC-3 LS 3 SS (6,200cc 445HP)が、
53,750ドル

Boss_Hoss_BHC-3_LS_3_SS

どちらも4年落ちで、ほぼ570万円ですから、新車価格が800万円程度は変わっていないようです。

エンジンの前に付いている扇風機で熱風を送られたら、蒸焼きになりそうな予感がします。

こんなでかいエンジンを積んでも実用的は役に立たないと、偉そうに言う奴もいるでしょうが、ちょっと待って下さい。

giarl88

もともと実用性でバイクを選ぶなら、スーパーカブを頂点として、大きいところでも小回りの利く250ccくらいまででしょう。

250ccあれば実用速度も十分だし、高速道路も走れますが、さらに遠くまで行くのなら四輪車を選ぶのが正解だと思いますよ。


スポンサーリンク



大型二輪免許談議になったので大きいバイクについて調べてみました。

大きいバイクと言えば、誰しもまずハーレーダビッドソンを思い浮かべることでしょう。

アメリカのハイウェイパトロールみたいな格好をしたおじさんたちがギンギラギンに飾り立てたハーレーで編隊を組んで走るのが有名ですが、若い人の中では、エレクトラグライドよりももっと簡素なハーレー・スポーツスターやダイナなどでV型2気筒の鼓動を楽しむ人も多いです。

ハーレーのエンジン排気量は1200cc~1600ccがほとんどで、もっとも小さいスポーツスター883でも883ccです。

やはり、ナナハンよりも大きいですね。


昔、日本には、「陸王」と言う大型バイクがありました。

陸王は、日本オリジナルではなく、アメリカのハーレー社のライセンスを受けて作っていた正式なものですが、戦争を挟んで会社が数度倒産して今はなくなりました。

最初にハーレー社からライセンスを受けたのが、製薬会社の三共だというのも意表をついて面白いですよね。

旧日本陸軍のサイドカーに採用されていました。
rikuoh
写真は750ccの陸王ですが、今ではこれだけの美品はなかなか見ることが出来ません。

30年ほど前でしょうか。世界一大きいバイクとして有名になったのがブラジルのアマゾネスでしたね。

その当時は、フォルクスワーゲンの1600ccのエンジンを積んでバックギアがあると評判でしたが、その後2000ccのものも作られたようです。

今はあまり聞かないけれども、まだ会社があるのでしょうか。
amazones
この写真のボディには、2000と書いてあるからおそらく2000ccなのでしょう。
当時は、フォルクスワーゲンの四輪車用エンジンを二輪に転用していましたが、現在では、1600ccや1800ccなら、国産メーカーでも二輪専用設計のエンジンを積んで市販しています。BOULEVARD M109Rは1783ccです。

また、国内販売はしていませんが、海外仕様のカワサキVULCAN2000は2053ccだと言う具合です。

250ccを超える大型バイクなんてものは、どれもこれも実用性よりも趣味性が強いもので、どこに特徴を求めるかは人それぞれの好みで良いのです。

6000ccのバイクなんて役に立たないなどと言うのは野暮ってもんですよ。

・とにかく排気量の大きいバイクに乗りたい(所有したいと同義語ですが)
 そこに800万円使ったっていいじゃなですか。

・ハーレーのエンジン音が好きなんだからほっといてくれ。
・バイクはBMWの水平対向じゃないと乗った気がしない。
・サーキットで一番速いのに乗りたいと、レーサーレプリカに乗るも良し。
(最近は、SS:スーパースポーツと言うようですね)
・誰がなんと言ってもSR400のシングルがバイクの味だよ。
・おしゃれなべスパで街を軽く流すのがイキなのさ。
  (べスパでも300ccがあります)
・古いと言われようと「陸王」の手入れをして、やっとこ走らせるのが最高。

わたしの友達で、既にハーレーを1台持っているのですが、新たに60年前のハーレー中古車を買った奴がいます。

レストア料金が車両価格よりも高いとぼやいていましたが、
「こいつの音と振動は今の車では出ないんだ」
と、悦に入っています。

もちろん60年前の車だから性能は悪いですよ。

彼が言うには、
「インジェクションのハーレーは嫌だ、ハーレーはキャブレターに限る」
そうです。

ギアチェンジのないオートマチック(スクーター)なんかではバイクの魅力を感じないと言う人もいるでしょう。

でも高性能のオートマチック車に乗ってごらんなさい、バイクの本質的魅力は、実はギアチェンジなどという小賢しい技ではなく、自由に爽快に風を感じ、コーナリングで四輪車を置き去りにすることだと分かることでしょう。

そのためには、250ccのスクーターでは性能不足だし、日本の市販バイクではこの条件を満たすのはわたしが乗っていたTMAXしかありません。

こういう自己満足もバイクの趣味性のなせる業なのでしょう。

近頃では、デュアルパーパスとかアフリカンバイクとかいって、走路を選ばない大型のオフローダーも人気があるようです。

giarl01 オートバイに乗る場合、他者を否定するタイプの人は大体途中で引退しています。

長く乗り続けている人は、他の人の選択を批判せず尚且つ、入れ込まない程度に乗り続けるタイプの人です。

良いんですよ、利便性で使う125ccまでのスクーター以外は、全部道楽の遊びなんですから~。

各人に一つでも「ここが好き」ってところがあればそれで良しです。
>> バイクブーンの高価バイク買取!
>> バイク買取一括無料査定

♪♪人生いろいろ ♪バイクもいろいろ


なんでも調べる『いろはに情報館』です。

調査員は60代男性と50代女性。
熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。

ネット上にあふれる種々雑多な情報を
プロのテクニックで検索して
分かりやすく整理してお届けします。

もちろん、自分たちの経験や知見も
ふんだんに盛り込んでいますので、
借りてきた情報寄せ集めのまとめサイトとは
一線を画した内容を目指しています。

スポンサーリンク


コメント

  1. zzpapa より:

    甚く同感!!

    • いろはに太郎 より:

      zzpapaさん、こんにちは。

      コメントありがとうございます。
      「甚く」が読めなくて、辞書で調べてしまいました。
      「いたく」なんですね。

      ありがとうございます。

  2. […] 92: 2016/08/28(日) 15:17:57.28 ID:BIQbokOf0 >>52 ttp://frytiger.com/archives/105.html […]