キリンビールの隠し文字の秘密

キリンビールのロゴマークに使われている画像の秘密です。

想像の生物である「麒麟」をロゴマークにしているキリンビールのロゴマークの中に、隠し文字(マイクロ文字)で『キ』『リ』『ン』が隠されているのを知っていますか。


スポンサーリンク


下の図に示すように、3箇所にマイクロ文字が隠されています。

20141221e

キリンラガービールのサイトではこんなふうに説明しています。

キリンラガービールは明治の誕生以来『麒麟』をシンボルにしてきました。

『麒麟』は古代中国の想像上の聖獣で、聖人が世に出る前兆だといわれており、実在のキリンとは別のものです。

ところでラベルの『麒麟』のたてがみの図柄をよく見ると見つかるのが『キ・リ・ン』の小さな文字。

いつからこの隠し文字が入れられたのか明確ではありませんが、昭和初期のラベルの一部にあったことは確認されています。

当時のデザイナーが遊び心でデザインしたという説と、偽造防止説がありますが、明確な理由は謎であるところが『麒麟』のラベルをより神秘的にしています。

(出典 http://www.kirin.co.jp/products/beer/lager/about/symbol/)

20141221b

麒麟のデザインは漆工芸家の六角 紫水 さん ( ろっかく しすい ) によるもの。
東京芸術大学で漆を担当していた折に、デザイン公募に応じて採用されたものと関係者の人々によって言い伝えられているようです。

作者は、漆工芸家の六角紫水や、版画家・洋画家の山本鼎など諸説ありますが、いずれも確固たる根拠がありません。

いつから入っているのかはっきりしませんが、過去のラベルを調べていきますと、1933年のラベルには既に隠し文字が入っていたようです。
また、実は「キ」、「リ」、「ン」の隠し文字の位置は時代ごとに異なっています。

(出典 http://news.mynavi.jp/articles/2013/03/23/krn/)


なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。


関連コンテンツ


スポンサーリンク