オーロラが見える条件とは

そもそもオーロラを見るためには3つの条件があります。
1)天空にオーロラが発生していること。
2)暗いこと
3)視野を邪魔するものがないこと

この3つの条件さえ満たせば、オーロラを見ることが出来るのですよ。
とは言え、簡単なことではありません。


スポンサーリンク


1)天空にオーロラが発生していること。
頻繁にオーロラが発生するのは、北緯65度付近で北極を取り囲む「オーロラバンド」と呼ばれる区域で、北極点まで行ってしまうと逆に発生しなくなります。(南緯でも同じ)
有名なオーロラ観光地としては、

・アラスカのフェアバンクス、
・カナダのイエローナイフと
・北欧のラップランドなど

各地がありますが、オーロラを肉眼で見るためには、これら極北の地へ出向かなければならなりません。

北極圏で発生したオーロラと対称的に同じオーロラが南極圏で同時に発生することがわかっているので、南極に行っても良いのですよ。

2)暗いこと
当たり前だろうと思うでしょうがが、本当に暗いことを要求すると案外難しいものですよ。
年に数回の強く光り輝く特別なオーロラは別として、日常的に現れるオーロラの光はとても弱いものです。
だから当然夜に限定されるし、街の明かりが漏れるところはだめ。
アラスカに住んでいても、街中では見えないことが多いのです。

一つの基準としては、天の川がはっきりと認識できる程度の暗さが必要ですが、最近、天の川を見た記憶がありますか?

オーロラを見るためには、街の明かりから車で1時間ほど走り、周囲に人家がない場所を探さなければなりません。
また、オーロラ観察というと、冬の活動なので寒さが関係していると勘違いしている人が多いのですが、温度は関係ありません。

極北の地方の夏の季節は白夜と言われるように太陽が沈まなくなるので夜でも暗くならないのです。
だからオーロラ観察には向かないというだけであって、オーロラ自体は一年中発生しています。
北極付近で見えなければ、南極に行けば良い。
って、簡単に言わないで!


スポンサーリンク


3)視野を邪魔するものって何でしょう?
giarl65b人工的な建物、自然の山、木の枝など目前にそびえる物が邪魔ですよね。
当然、洞穴や森林の中では見ることは出来ません。

もう一つやっかいなのは、お天気です。
雲、雨や雪を降らせる雲が出たらオーロラは見えません。
オーロラ観察で有名な場所は、北アメリカと北欧ですが、北アメリカの内陸部は降雨量が少ないのに対して、北欧は近くを流れる暖流の影響で雲が発生し易く、曇る日が多いのでオーロラ観察の機会は減少します。

雨が降らないまでも、空気中の湿気が多くなると、もやって空が見えにくくリますから、乾燥している気候のほうが良いのです。

0-69

⇒ 


なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。


関連コンテンツ


スポンサーリンク