NEC MultiWriter 5750Cのドラムカートリッジを買うべきか

NECのレーザープリンター、NEC MultiWriter 5750Cを2010年4月に購入してから、4年8ヶ月が過ぎました。
このプリンタですが、購入時とほとんど値段が変っていません。
メーカ-希望小売価格は、89,800円(税別)ですが、最安ショップでは税・送料込みで15,000円です。


スポンサーリンク


ドラムカートリッジの寿命は2万枚

最近、電源をいれるたびに「ドラムカートリッジ、ヨビヲヨウイシテクダサイ」とのメッセージが出るようになりました。

ドラムカートリッジは、2万枚まで対応するはずだから、まだ早いと思っていました。

このプリンタは、メニューボタンから、プリンターの状態を印刷することができますので、出力させてみると、これまでの累積印刷枚数が18,000枚を超えていたのです。

計算してみると、月平均で320枚の印刷をしてました。
個人としては多い方でしょうね。
内訳は、カラー印刷が4,400枚+モノクロ印刷が13,600枚でした。

計算上は、あと2,000枚プリント出来るので急ぐ必要はありませんが、ドラムカートリッジの価格を調べてびっくりしました。

【送料無料】PR-L5750C [MultiWriter]

【送料無料】PR-L5750C [MultiWriter]
価格:14,980円(税込、送料込)

プリンタ本体よりも交換ドラムが高い

最安ショップの価格でも、17,500円もするのです。

プリンタ本体が15,000円(税・送料込)ですから、ドラムカートリッジの方が本体よりも2,500円高いのです。

プリンタ本体には、新品のドラムカートリッジが装着されているし、スターターキットとしてのトナー4色セットが添付されています。

この条件を提示されて、交換用のドラムカートリッジを選択する人がいるでしょうか。

ゴミを増やしたくないからと、よほど環境エコ意識が高くなければ、交換カートリッジは選択しないでしょうね。

このような価格設定がなされるのは、流通のマジックなのでしょうが、不思議なことです。


スポンサーリンク


4年8ヶ月の使用経験

このプリンタは、2008年12月に発売されてから、既に丸6年が経過していますが、未だに現役で販売されています。

ドラムカートリッジの交換警告が出始めたので、プリンタの買い替えを検討しました。
種々検討した結果、これに勝る機種はないと結論づけて、同じ機種をまた買ってしまいました。(下記)

ドラムカートリッジが寿命になるまでは、当然古い機種を使います。

発売から6年も経っているのに、性能面では抜群です。

  • 印刷コスト(ランニングコスト)が安い。
    再生トナーを購入すれば、A4モノクロ印刷なら0.5円です。
  • 印刷の立ち上がりが速い。
    ファーストプリントが速い!カラー約9秒、モノクロ約7.5秒
  • 印刷開始後のスピードが速い。
    カラー18頁/分、モノクロ20頁/分の高速印刷
  • 印刷品質に満足
    9,600dpi相当×600dpiの高画質出力
    1,670万色のカラーも綺麗
  • 意外にも音が静か
    騒音レベルはよく分からないけど、個人の室内においても十分耐えられます

結論として、これより優れたプリンタは見つけられませんでした。

一つだけ問題があります

性能面では非常に優れたレーザープリンタですが、法人用と銘打っています。

つまり、個人の素人向けのサポートはありませんから、機械に不慣れな人はやめたほうがいいでしょう。

初期状態ではWindows7,Windows8に対応していないので、メーカーサイトからドライバをダウンロードしなければなりません。
しかもそのことを記載していませんから、自分でカンを働かせて、動く必要があります。

説明書は貧弱で、最低限のことしか書いてありません。

トナーカ-リッジや両面印刷ユニットの交換・取り付けについても、自分で考えながら対応する必要があります。

この点さえクリアして対応出来る人ならば、最高のコスパプリンターです。

同じプリンタの両面印刷ユニットの記事があります。

2015年4月追記

ドラムカートリッジの残量警告が出るようになったので
新たに本体を購入していしまいました。
他社の最新機種とも比較検討しましたが、2015年4月の時点でも、このプリンターのコスパは最高ですよ。


なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。


関連コンテンツ


スポンサーリンク