インフルエンザがうつるのは、潜伏期間が過ぎてから?

インフルエンザは、潜伏期間でもうつります。
季節性であれ、新型であれ、まだ症状が出ていない時でも、インフルエンザの感染力はありますので、注意が必要です。

潜伏期間がとても短く、朝大丈夫でも午後には発症して感染源になってしまうこともあります。

この季節は学級閉鎖、学校閉鎖など急激な感染によって患者を増加させてしまいます。

インフルエンザは潜伏期間でも「伝染る」ってことはわかっています。


スポンサーリンク


予防対策は

対策としては、うがい・手洗いが有効ですが、実際の問題として、十分なうがい・手洗いはなかなか難しいです。

幼稚園などでもうがい・手洗いを行ってますが、感染の広がりには追い付いていません。
0-08

インフルエンザは「飛沫感染」のため、一人が発症した場合、感染力も強く、次々に発症していきます。

特にこの季節は部屋を閉め切っていますし、狭い空間で大勢の人がいれば感染を防ぐことが非常に大変だと言えます。


スポンサーリンク


一人が発症して翌日はまた何人か発症してその後、倍々で増えていくことも多いのが現状です。

学校だけでなく、電車やバスも人が多いところでは感染する危険性は高いと言えます。

病院に子供を連れて行き、親が伝染ることもあります。

ワクチン接種しても季節的にAからBになればワクチンは型が違うため効力は弱くなります。

その分感染しやすいことになります。

家庭では除菌を

家庭ではまず、できるだけ除菌すること。

手洗い・うがいは当然です。

それにアルコール消毒を加えて行うことがよいと思います。

マスクは廃棄する

マスクは帰ったら廃棄します。

洋服はまめに洗濯するか、アルコール消毒しておくことも必要です。

伝染るようなところに行ったときは面倒がらずに家庭に菌を入れないくらいの気構えでいたほうがしっかりした予防になります。

高齢者のいるご家庭ではできるだけウイルスを入れないようにしましょう。

動かない高齢者は感染しやすくなっています。

家庭内で発症したときにもできるだけ家族との接触を避けてそこから感染させないように隔離して治療することが必要です。

感染したら広げない、感染源にならない努力も必要です。

自分が感染源にならないように日々の生活にも気を付けてできるだけかからないことを目標にしていきましょう。


なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。


スポンサーリンク



こちらの記事もご覧ください。
関連コンテンツ