セスキパワーで掃除を楽しく

テレビや雑誌などのメディアで取り上げられてから、セスキ炭酸ソーダ(以下セスキ)は一躍有名になり、今では、スーパーや100円ショップでも簡単に手に入るようになりました。

掃除には重層でしょ?という方は、ぜひセスキのパワーも試してみてください。きっとセスキファンになること間違いありません。

20141218a


スポンサーリンク


セスキ水との出会い

このセスキ、最初は、スプレーボトルに作っておいたセスキ水を洗濯時に襟やそで口にシュッとスプレーして使っていただけでした。

セスキは、弱アルカリ性なので、ワイシャツの襟などの皮脂汚れがよく落ちます。

ところが、この使い方だけでは、もったいないということがこの頃わかってきました。

セスキを使いこなすと面倒な家事も簡単でしかも時短が可能になります。

今まで憂鬱だったお掃除も「スッキリ」ときれいになるので、楽しくなります。

それでは、いくつかご紹介します。

レンジまわり

毎日のお料理後のレンジまわりは、それほど油を使っていないと思っても、油や汁がはねていて、べたべたと汚れています。

ですが、いちいちお掃除するのは、面倒ですよね?

そのような時にセスキ水をシュッとスプレーしてさっとクロスで拭くだけで、きれいになります。

もちろんレンジフードにも同じようにスプレーすれば、簡単にお掃除が完了です。

弱アルカリ性ですが、重層よりは強いので、ひどい油汚れに使うと効果てき面です。

肉料理や魚料理の後片付けも

油がギトッとしたお皿にもスプレーしておくと、後の洗い物が楽になります。

セスキ水の作り方

500mlの水にセスキを5gを溶かします。スプレーボトルに入れて使用します。

0-100


スポンサーリンク


その他の便利な使い方

網戸のお掃除

取り外せない網戸にお困りのお宅が多いのではないでしょうか。

年々気になるものの、お掃除ができない網戸には、セスキ水の出番です。

セスキ水を含ませた網戸用のスポンジなどでさっと吹けば、液だれの心配もあまりないでしょう。

この時、窓枠がアルミの場合は、注意してください。

お洗濯

それほど汚れていない衣類のお洗濯であれば、洗剤を使わなくてもセスキでお洗濯ができます。

水30リットルあたり、大さじ2杯程度のセスキで十分です。

また、すすぎが1回でいいので、エコなお洗濯ができます。

襟汚れなどにセスキ水を使う時は、スプレー後、5分ほどおいてから通常通りの方法で洗濯機で洗ってください。

手で行っていた予備洗いは必要なくなり、お洗濯が楽しくなります。

時短で楽しく家事をやってしまいましょう。


なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。


スポンサーリンク



こちらの記事もご覧ください。
関連コンテンツ