結婚式で親族が着るフォーマルドレスは?

最近の結婚式では、フォーマルドレスを着る方が増えています。

0-29

男性は「礼服」がありますし、女性は親族でも親ならば「留袖」が一般的ですが、姉妹の場合はフォーマルドレスが多いですね。


スポンサーリンク


親族は華美にならず、動きやすいこと

親族ともなればあまり華美ではいけません。

特に姉の場合は注意が必要です。妹ならば少々派手でも問題はないのです。
年下でもあるし、重要な役割もありませんから。

親族で花嫁より年上の場合は動けることも必要ですから、あまり長いドレスや高いヒールは厳禁。

結婚式や披露宴中に自分が動かなければならないときに動けないのでは困ります。

披露宴では招待客の皆様にお酌や挨拶で回ることがありますが、もたもた・よろよろして思うように動けないのでは困ります。

結婚式や披露宴は想定外のことが起こり、走り回ることが結構多いんですよ。

  • 招待客がまだ来ていないとか?
  • 気分の悪い方がでたとか?
  • 受付の方が閉めたいとか?

いろいろな雑用を引き受けるのも親族の役割です。

 淡い色で膝丈の長さが無難

それでは、結婚式で親族が着るフォーマルドレスはどんなものがよいでしょうか?

色はピンクなどの淡い色やパステルカラーがお勧めです。
濃い色のドレスでは目立ち過ぎますから。

0-40

招待客の皆様より華美にならず目立たないことが親族の鉄則です。

ドレスの丈はどのくらいがよいでしょうか?

膝丈が無難です。
長すぎるとまた動けない問題にぶつかります。

結局、そこそこ無難なところに落ち着くのではないかと思います。


スポンサーリンク


レンタルドレスも選択肢に加える

レンタルドレスには流行もあり、色もたくさんありますが、最近は淡い色は少ないと聞きました。

先日の結婚式でも招待客の年齢が高かったので、着物とワンピースが多かったです。
ヒラヒラ感もなく、すっきりしたデザイン重視でした。

かわいいものより、落ちついた感じのものでした。
靴は低すぎず、高すぎずです。

リボン程度の遊び心はよいですよね。

年齢も高くなればスーツになりがちですが、スーツは入学式のイメージが抜けないので避けて、やはり結婚式はフォーマルドレスのほうが雰囲気がよいです。

立ち話をした中でも、数人の方はレンタルドレスを活用していると話しておられました。


花嫁さんにすれば一生に一度の結婚式なので、親族もフォーマルなドレスで送ってあげたいものです。


⇒ 結婚式マナーのまとめ記事


なんでも調べる『いろはに情報館』です。

調査員は60代男性と50代女性。
熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。

ネット上にあふれる種々雑多な情報を
プロのテクニックで検索して
分かりやすく整理してお届けします。

もちろん、自分たちの経験や知見も
ふんだんに盛り込んでいますので、
借りてきた情報寄せ集めのまとめサイトとは
一線を画した内容を目指しています。

スポンサーリンク