医療用弾性ストッキングは日常にも使えます

女性の悩みと言えば、むくみです。

特に立ち仕事が多い方にとっては、毎日のことなので真剣に考えなければなりません。

0-46

夕方、靴がきつくなりませんか

朝は良いんだけど、夕方になると靴がきつくなるなんてことありませんか?

立ち仕事が多かったり、同じ姿勢のまま過ごすと足、特にひざ下にむくみを感じます。
足首に感じることもあるし、足が重たく感じたりします。

足を指で押しても戻らない状態があってパンパンになってしまいます。


スポンサーリンク


むくみは立ってることにより発生し、リンパが下に下がって老廃物もたまるのです。
案外に簡単に考えてしまいがちなむくみですが、軽く見ないほうが良いですね。

マッサージすればよくなるからと言っても、毎日時間を費やすこともできませんし、自己流では効果がなかったりします。

痛みもないのでそのまま放置する日も多いですね。

通販で買える本格的医療用弾性ストッキング(米国製)

そんなむくみに効果のあるのが、医療用弾性ストッキングです。

むくみは朝は起こらないので、朝、これを履いておけば、夕方むくんで靴がきついことも起こりません。

適度な締め付けなんで使用感もきつさもありません。

これは、ハイソックスタイプで、厚手の強圧タイプですが、この他に、中圧と弱圧タイプがあり、締め付けの強さを選べます。

わたしは、弱圧タイプで、足首の部分がきつくふくらはぎは少しだけきつめのタイプを使いましたが、使用感はちょっときつめの靴下かなという程度です。

毎日使用していると慣れてきます。

ハイソックスタイプの他に、パンストタイプもありますが、ちょっと値段が張ります。
でも、用途に応じて選べるのが嬉しいですね。


スポンサーリンク


病気の予防にも

女性は静脈がふくらはぎに出やすく、見た目も悪く、青い線がにょろにょろして心配になります。

下肢静脈瘤という病気で静脈内にある血流を支える弁が壊れて足の血液が停滞して溜まり、足の静脈血管が浮き出る目立つ病気の可能性もあるそうです。

そのままにしておくと足がだるくなったり、かゆくなる人もいます。

重症化すると皮膚が黒ずみただれるとききました。
こぶができたり、蜘蛛の巣のような血管が見えたら注意が必要です。

そうなる前に予防として医療用弾性ストッキングを使用してはいかがですか。
軽症ならばこれを履くだけでも効果が期待できるそうです。

まずは予防を期待して使用してみてはどうでしょう。

病院でも勧めてくれますから使ってみましょう。

むくみは天敵です。早めの治してすっきり暮らしましょう。


なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。


スポンサーリンク



こちらの記事もご覧ください。
関連コンテンツ