結婚式で20代がドレスで出席するための常識

結婚式に初めて呼ばれるのが20代だと思います。
友人の結婚式が最初になる方も多いことでしょう。


スポンサーリンク


初めての結婚式、何を着て出るか、悩むところですね。

成人式の着物も今はレンタルが多いので振り袖を持っていない方も多いでしょうし、もしあったとしても振り袖は意外に経費がかかるものです。

c_li_wed002

振り袖を着るためには、美容院の予約、着付け・髪のセットなどでも時間とお金がかかります。
その上、結婚式場に行くのに車の運転もできず、誰かを頼むなど案外大変なんですよ。

遠い結婚式や時間が早い式の場合はもっと気を遣わなくてはならないです。

0-40

動きやすく若々しいドレスはいかがですか。

最近はドレスの通販の品数も多く、お値段も安くなっていますから、しかも即日発想がアタリマエになっています。

20代ならば少し華美なドレスでも構わないと思います。

最近のウエディングドレスは色も多彩ですが、それでも招待客の白いドレスは避けたほうが無難です。
白は「花嫁の色」だと思うことです。

友人たちにとってはあまり気にしないかもしれませんが、招待客層の年齢幅の広いのが結婚式なので、「えっ、あのこ、白?」と思われるより、最初から避けたほうが無難でしょう。

それとクリーム色や薄いピンクは写真写りで白に見えてしまうことがありますので、これも避けるべきです。
後々に残る写真で白だったんだと思われてしまいます。
その際にはボレロなどで濃いめの色のものを羽織ればよいですよ。

 結婚式という場所柄をよく考えてドレスを選びましょう。

若いときには露出度の高いドレスを選びがちですが、それはNGです。
背中が開いているもの、胸の開いてるものは披露宴には向きません。

ほかの招待客の方にいらない気を使わせます。
目のやり場に困るようなドレスはやめるべきです。

スカートの丈も最近は短いモノに慣れてしまっている世代かもしれませんが、そこは厳粛な披露宴なので、せめて膝丈くらいは欲しいものです。

丈はよくても体にフィットしすぎたものも避けるべきです。

 殺生をイメージさせるファーは避けましょう

流行でファー付きのものをよく見ますが、結婚式の披露宴には合いません。

どうしても動物をイメージすると「殺生」を思い浮かべてしまうと言われてますので、結婚式などには向かいない素材になります。
あと、披露宴の料理に毛が心配と思う方もいらっしゃいますので、このような観点からもファーは避けるべきです。

若いのできれいなものを着たいと思うでしょうが、そこは今後のことも考えて勉強してみることも大事です。

花嫁さんも初めて一回だけの披露宴のはずです。
気持ちの良い式にして差し上げることも友人の仕事ですよ。

結婚祝のプレゼントには、次のようなアイテムが人気です。

⇒ 結婚式マナーのまとめ記事


なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。


関連コンテンツ


スポンサーリンク