結婚式で30代が着こなすドレスとは

結婚式の招待も30代になるとまたまたドレスなども変わってきます。

和服なら訪問着になる

30代になると既婚者が増えてきますね。既婚者になれば当然振袖はNGです。

着物ならば、訪問着になることでしょう。
訪問着の色合いも淡い色が多くなり、ピンク、淡いグリーンなどが無難です。

訪問着ならば髪型もアップにする程度で済みますが、髪型も入れてトータルで統一感を持ちましょう。


スポンサーリンク


マタニティードレスなら小物で個性を

30代になると妊娠中という方も多くなってきますが、妊娠中ならばゆったりとしたドレスを選ぶことになります。

その際にはおなかに負担がかからないデザインで、動くときに邪魔にならないスタイルが必要です。
当然、その時に靴は低いものにしましょう。

マタニティーのドレスはデザインも同じ感じになりがちですが、小物を使って個性を出すこともお忘れなく。

マタニティーのドレスを所有している人は少ないでしょう。
次に使う当てもないのに、わざわざ買うのもどうかと思います。
そんな時こそ【レンタルドレス専門店】を利用するのが賢い主婦の知恵です。

パンツスタイルもありですが、パンツスタイルはリクルートぽくなりがちですね。
そんな時は、中のブラウスを派手目にするとか、スカーフを使うと良いですね。

髪型を派手目にするなど考えましょう。

スーツの生地にラメなどが入るものを選ぶのもよいです。

 カラードレスは新婦と被らないように

30代になるとありがちなのが、黒を選びすぎてテーブル席の全員が真っ黒なんてこともあります。
黒ばかりのお席も披露宴では失礼に当たります。

でもよくあることなんで、気を付けましょうね。

カラードレスを選ぶ場合、新婦さんとかぶらないようにすることもできたら考えておくとよいでしょう。

新婦さんの衣装は先に決まっていますので、当たり前だけど最優先です。

先に写真を撮ることもあるので、確認しておくと失礼にならないです。

新婦さんに聞けなかったら、「新婦さんの好きな色」を避けることです。

一生に一度のドレスですとやはり好きな色が似あう色になりますので、わからない時は避けるようにしましょう。

手持ちのドレスで適当なものが見つからなければ、わざわざ買うのも負担が大きすぎるので、【レンタルドレス専門店】を検討するのもひとつの方法です。


スポンサーリンク


 「きちっと」感を大切に

30代になれば結婚式や披露宴などでは「きちっと」した感じを重視しましょう。

ドレスにしてもパンツにしてもきちっとしていれば大丈夫です。

胸の開いたものや、背中の開いたものなどは選ばないことです。

年代を意識してドレスを選んでおくことも必要なんです。

年相応が一番ですが、そこに生活感がでないようにすることも意識しましょう。

結婚祝のプレゼントには、次のようなアイテムが人気です。

⇒ 結婚式マナーのまとめ記事


なんでも調べる『いろはに情報館』です。

調査員は60代男性と50代女性。
熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。

ネット上にあふれる種々雑多な情報を
プロのテクニックで検索して
分かりやすく整理してお届けします。

もちろん、自分たちの経験や知見も
ふんだんに盛り込んでいますので、
借りてきた情報寄せ集めのまとめサイトとは
一線を画した内容を目指しています。

スポンサーリンク