結婚式にドレスで出席する40代はレンタルも活用しましょう。

40代で結婚式に呼ばれる場合は、親戚の結婚式や会社の後輩などが多くなります。

0-35

友人はめっきり減るので、ドレス選びもまたまた大変です。

親戚の結婚式ですと、年齢的にドレスでいいのかしら?って思いますか。
和服の留袖じゃないのかな?って。
でも大丈夫ですよ、上品に着こなしましょう。

着る機会が少ないならレンタル活用

結婚式となると、毎回列席者が同じなため「前回と同じドレスは着られない!」という悩みがありますよね。

ドレスを買うより賢く便利にドレスをレンタル。
コンシェルジュプラン(色々とコーディネートの相談にも乗ってくれます。)もあるので、来店出来ないお客様にも安心!

買い取りなら品数が多い通販で

買い取りをするにしても、ドレスを選ぶのは、実際に店頭で探すってなかなか大変です。

最近は、通販でも即日配送サービスが普通になっているので、お急ぎの時でも対応できます。

とにかく、品数が多くなってきていますから、似合う色が絶対にあります。
通販をうまく利用して上品なドレス選んでみてください。

ドレスのカラーはネイビー(紺)が基本

親族の場合あまり目立つドレスを着ることはできませんが、その際の一番人気の色がネイビー(紺)なんです。

誰でも似合う色ですし、上品に見える色でもあります。
また、華やかさも持った色なんですね。

お受験のスーツにネイビーが好まれるのも分かります。

ネイビーには着やせ効果もあるとのことなので、40代にはうれしい効果です。

肩出しのドレスなら羽織る色でカバーします

40代ともなると肩を出したスタイルでは失礼に当たります。

お持ちのドレスが肩を出したスタイルならば上に羽織る色を、グレー・ベージュ・黒・ピンクなどでコーディネートしてみてはいかがですか?

これだけでも、少し華やかになり、季節を選ばずに着ることが出来ます。

黒は上品なものを選びましょう

黒を選ぶ場合は、品のある黒を選びましょう

黒といっても生地により、光沢やラメなど黒の色も全く違います。

黒を選ぶならば、よい黒を着ましょう。

黒のドレスもワンパターンになりがちなのでレースなどを加えたデザインなど少し違う素材が入ったのもがよいです。

例えばこの総レースでシックなブラックが4,480円です。

スカートは若いころより少し長めに

あとはスカートの裾がギザギザになったデザインですと足に目がいかずすっきり見えます。

40代ともなりますと袖や裾に動きのあるデザインが良いと思います。

若い時より少し長めの丈のほうが落ち着きが見えて好感もたれます。

ほかに似合う色ですと、ベージュ・ゴールド・ワインカラーなども落ち着いて見えます。

目立つカラーはあまり使いすぎずアクセントになる程度にしましょう。

胸元をスッキリしましょう

40代のドレスならば襟元もすっきりしたデザインの方がよいでしょう。

その襟元にパールのネックレスをして豪華さを出すなどの工夫も必要です。

ただアクセサリーもつけすぎず、引き算方法で確認すると年齢にあったドレスになるはずです。

40代のドレス選びは素材のいいものを選び、色のいいものを選び、挿し色に工夫して素敵に見えるようにしましょう。

その際に隠すことばかり意識せず、どうすれば素敵に見えるか?を考えてえらぶことも必要になります。

結婚祝のプレゼントには、次のようなアイテムが人気です。

⇒ 結婚式マナーのまとめ記事


なんでも調べる『いろはに情報館』です。

調査員は60代男性と50代女性。
熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。

ネット上にあふれる種々雑多な情報を
プロのテクニックで検索して
分かりやすく整理してお届けします。

もちろん、自分たちの経験や知見も
ふんだんに盛り込んでいますので、
借りてきた情報寄せ集めのまとめサイトとは
一線を画した内容を目指しています。

スポンサーリンク