結婚式の受付を依頼する前に知っておくべきこと

結婚式の受付を誰に依頼するか、当然結婚式は初めてですから迷いますよね。

新郎新婦が同じ会社であれば、お願いするのに問題が少ないと思いますよ、会社の同僚や後輩に頼めばすみますから。

同じ課などで披露宴に招待する方から選んでお願いすればよいわけです。


スポンサーリンク


新郎側の受付に年上を選んだ方がよいですね。新郎側がひっぱる形で受付ができます。

20150217a

新郎新婦の会社や職種が違う場合は双方それぞれに受付の人を依頼します。

受付を依頼する人の条件は

まずは親しい友人でしょうね。
お金を預けるので信頼のおける人。

以前に自分が受付してあげたのでお返しをと、お願いするパターンもあります。
これは依頼しやすいし、多少無理も言えます。

親族とも顔見知りの人がいれば、またやりやすいですね。
何か、問題が起きたときなど、どこに聞くか分かるためです。

 トラブル対応の応用力

受付は簡単だと思いがちですが、思いがけないトラブルがあるものです。

  • 招待客でないが、一緒にご祝儀を頼まれてお持ちいただいた
  • 交通機関の遅れなどあって受付が閉められない
  • 急な用事で遅れるとか欠席する
  • 親族が舐めてかかって遅れる方がいた

バタバタするのが受付ですから、臨機応変な対応が必要になります。

受付が始まれば、出席名簿に記名していただき、住所なども記載する場合は、書き忘れのないようにします。

出席する方が多ければ多いほど、大変になります。

学生の方が多い場合は、結婚式の出席になれておらず、ご祝儀袋の書き方もまちまちで、後で「誰?」ということになりかねません。

記名表は今後のお付き合いに重要になりますので、しっかり書いていただくこと。
書式を統一することなども必要なんです。

このような事態に対応して、さらっとこなしてくれる人が理想ですね。


スポンサーリンク


受付係との取り決めをしっかりと

結婚式場の方とも当日、しっかり担当をお知らせしておくことも重要です。

親族は誰に相談するか、式場の方ではどなたに相談するか、しっかり決めておいて不測の事態に対応できるようにしておくことです。

受付が閉められず、披露宴が遅れるなんてことにならないように、しっかり打ち合わせしておきましょう。

受付係へのお礼も忘れすに

あとはお礼を渡すことも忘れずに。

いつ渡すかはしきたりなどそれぞれ違うと思いますが、その点も親族などにしっかり依頼しておきましょう。

すべてがうまくいくようしておきましょう。


⇒ 結婚式マナーのまとめ記事


なんでも調べる『いろはに情報館』です。

調査員は60代男性と50代女性。
熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。

ネット上にあふれる種々雑多な情報を
プロのテクニックで検索して
分かりやすく整理してお届けします。

もちろん、自分たちの経験や知見も
ふんだんに盛り込んでいますので、
借りてきた情報寄せ集めのまとめサイトとは
一線を画した内容を目指しています。

スポンサーリンク