卒園式にママが選ぶべきスーツの3つのポイントとは。

卒園式、入学式の季節が近づいてきました。
初めてのお子さんですと何事も初めてなので、ママさんも緊張してるはずです。

卒園式もそのひとつ。

0-11

入園式は子供も緊張していますし、まだなにも園のことも分からないのでお客様のような感じで終わってしまいますが、卒園式は違います。

お子さんの成長を感じながらママさんも主体的に参加する感じになります。


スポンサーリンク


 ポイント1 卒園式はセレモニー

その際、どんなスーツがよいでしょう。

最近はいろんなところでセレモニースーツを取り扱っていますが、まずは主役は子供さんなのでその点はおさえておきましょう。

スーツを購入するときに大事なのは着回しが効くことです。

上着が2着あると便利ですね。

幼稚園などは卒園してすぐ入学式になるので同じものというわけにはいきませんので、レンタルスーツも候補の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。
最近は、品数も増えているし、デリバリーも便利になったので、気軽に利用できるようになりました。

卒園式は少しおごそかになり、先生や園やお友達ともお別れになるので少しトーンを抑えた色を選んではどうでしょうか、季節的にも少し寒さが残ることもあるので注意しましょう。

ネイビーや黒などにしてコサージュやネックレスなどをアクセントに使うのも、上品で良いと思いますよ。
またはスカートがデザイン性にとんでいて、ふっわっとしたものにしてみるとか。

少し厳粛なムードもあるのが卒園式なので、黒のスーツでもよいですね。

それだと地味になりません?って思う方もいらしゃると思いますが、卒園式は参加してみるとわかりますが、子供たちの成長の記録や、子供たちによる声掛けなどがたくさんあります。

どれも泣いてしまうほどの感動するはずなんです。

その上、子供に話しかけるとか卒業証書を受けとるところなど参加型も増えていますので、少し抑えた感じのスタイルになるわけです。


ポイント2  スカートの丈は膝までは欲しいですよ

特に気を付けるのがスカートの丈です。
ミニは厳禁!
膝丈くらいないと動くことの多い卒園式には向いていません。

また立ったり座ったりが多いのでしわになりやすい素材もはずすべきですね。
帰るときにスカートの後ろがしわだらけではいただけませんよ。


スポンサーリンク


 ポイント3 寒さ対策も忘れずに

あとはコートもあったほうがいいです。
3月は以外に寒くて体育館などでは暖房も効きませんし、また暖房がないところもあります。

寒さ対策もしっかりしておくことも必要ですね。
まずはお子さんと共に卒業する気持ちを持ってスーツ選びしてみてはいかがでしょうか?

お母様も母業の一段落お祝いしましょう。




なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。


関連コンテンツ


スポンサーリンク