退職祝いプレゼントの二つのパターン

退職の祝いも退職される方の年代などによってだいぶ替わります。

祝福されて退職するのは、主に二つのパターンですね。

一つは寿退社、もうひとつは定年退職です。

寿退社の方には新生活で使えるものを

0-28

他の方とダブっても困らないものを選びましょう。

写真盾などは2~3個あっても困りませんね、お子さんが生まれればまた使ってくれるものです。

食器はコーヒーカップくらいが無難ですが、ブランドの良い上品なものにしておきましょう。
普段使いのものよりお客様用にしてもらえます。

寿退社の場合は二人にちなんでクリスタルのかわいい置物は大変喜ばれました。
その時には2対のものにした方がよいです。

出産で退職される方にはやはり子供のものがよいでしょう。

洋服もよくいただきますが、ただ退職の時点では男女どちらかわからないこともあるので、紙おむつも喜ばれます。

消耗品は何かと使ってくれるので喜ばれますが、相当仲のよい友人にしないと差し上げにくいものでもあります。

私は出産でおやめになる方には手形と足型がとれるものをプレゼントしています。
粘土がついていて型を取るタイプのものでした。
意外に忘れてしまうことなので助かったと喜ばれます。

定年退職者には、趣味の物を

0-30

定年退職で退職される方には何がよいか?とても悩みます。

上司の方など、お付き合いのある方で趣味がわかる方ならば趣味のものなどが適しています
釣り、家庭菜園などが多いです。

時間ができて旅行でもと思い、旅行グッツをさしあげたところ奥様に催促されたと笑って言われたこともありましたが、意外に喜ばれました。

退職を機に何かなさるのかわからない方には図書カードをプレゼントしました。
本を読んで何か趣味を持とうとするのに世代的に本から知識を得る方が多いためです。

パソコンやタブレットも大勢なら差し上げられますが、一人ですと高価なものなので大変になります。

その方の趣味や家庭環境などがわかると今後の生活に役立つものを選んであげることができます。

が、全くわからない方ですと無難なカードなどになってしまいます。

退職を機に何か趣味をもってくださいともなかなか言いにくいものです。

喜ばれるものをプレゼントしたいそれが一番なんです。


なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。



関連コンテンツ