マラソンを始めようとする初心者向け走り方のアドバイス

マラソンを始めようと思っても、昔はガンガン走ってたからといって走れるものではありません。

0-68

準備運動をしっかりと

怪我をしないように、準備運動とストレッチをしっかり行ってから走ることです。

ストレッチで筋肉をほぐしておかないと思わぬ怪我につながります。

意外に筋肉は硬いものですから、どんなスポーツでも最初の準備運動、ストレッチは重要です。


スポンサーリンク


足だけではなく肩もストレッチ

走るときは足だけなんて思って足だけやってもだめですよ、できるだけ全身ほぐしておきましょう。

意外に行わないのは肩のストレッチなんですが、マラソンも腕を使いますので、肩のストレッチを忘れずにしましょう。

どうしても筋肉がほぐれた感じがしなときは足を暖めてからストレッチしてみましょう。

お風呂に入るのもいいですが、走る前では今度は体が冷えてしまいますし、現実的ではありません。
なので、暖かいタオルなどで温めてからでもお試しください。

準備運動がうまくできない時は「ラジオ体操」が一番です。
ストレッチ効果もあり順番通り行えば完璧準備完了です。
いきなり走ると身体もびっくりしてしまいますからね。

走って休み、走って休み、で慣らしていく

走って疲れてた歩く。また呼吸も整ったら走る。の繰り返しで走ってみましょう。

いきなり走れるものではありません。
ゆっくりでもいいんです。まずは200m走って200m歩く。
距離感がつかめない時は電柱で決めて走ってみることです。

最初は2キロくらいで十分です。
2177012次の日、筋肉痛ならば休み、また身体が戻ったらまた行うというスタイルがよいかもしれません。
週何日、または月に何回から始めてみましょう。

走るときに音楽などを聞いて走ると、楽しく走れることと思います。
テンポも取れてうまく走れることでしょう。

そして何回か走ってみて2キロ3キロと距離を増やしながら少しずつ伸ばしてみることです。

今はスマホなどで距離も出るのでそんなアプリを使いながら走ってみましょう。


スポンサーリンク


ステップアップの目標を定める

景色のよいところ、季節を感じることも長続きの秘訣かもしれません。
そして目標を決めることです。地元のマラソン大会の3キロでもいいんです。
そこを目指して出てみましょう。

自分以外の方と走ることも楽しみになることと思います。

頑張ってまずは走り出してみましょう。意外に走ってる方がたくさんいますよ。


なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。


スポンサーリンク



こちらの記事もご覧ください。
関連コンテンツ