野球のトレーニングでは肩が大事

最近の野球もは、昔のような根性論だけでなく緻密なトレーニングになってきています。
当然のことながら筋肉のトレーニング、マシーン・トレーニングは高校生でもやっています。

野球に必要でかつ故障の多いところと言えば、肘、肩になりますね。

肩は野手でも投手でも関係なくおこります。


スポンサーリンク


意外に使われてない肩の後方の動き

人間の身体の中でも肩の稼働率はものすごく低いことご存知ですか?
意外に肩を使っていないんです。

肩が硬く後ろに腕がいかないので無理がたたり怪我になることも多いんです。

肩には上下の動き、前後ろの動き、腕を回したときの横の動きがあります。
前後の動きは人間の普段の生活の中で行っています。
でも前から後ろに回すと痛みがでるのは肩の稼働率が悪い証拠なんです。

肩は投げる・打つ・捕るに関係するところなので怪我を防ぐにはそこを鍛えて、トレーニングすることです。

まずは肩の稼働率を上げるためのトレーニング。

柔らかいゴムのチューブを肩幅(辛かったらもっと広げても良いです)に持ち、片腕ずつ前後左右回してみましょう。

痛みがでたらそこから無理しない程度に行ってください。
負荷がかかる分痛みがでます。

そこからゆっくり伸ばしてみて下さい。
身体に筋肉が伸びた感じがすればよいです。

左右のときには身体は曲げずに肩だけ使ってください。

右?左どちらか痛みがあるときはそこが無理をしてる証拠です。

そこをゆっくり伸ばしましょう。

肩甲骨が縮みますか?
私は肩甲骨がうまく縮まず、後ろが苦手なんです。
肩甲骨が左右くっつくくらいが理想なのでそこもストレッチです。


スポンサーリンク


ゴム紐で仮想スローイング

ストレッチができたら、ゴムチューブで腕だけで投げる格好してみましょう。
ゴムの反対側はどこか動かないものに縛っておいて、長さは長い方がいいです。

20150320a

身体の前まで手が来るように大きくふってみましょう。
負荷のチューブは最初は緩めでだんだんきつくすることです。


トレーニングは左右均等に

肩を鍛えるときに利き腕だけ鍛える方がいますが人間の身体はバランスが必要なので同じように左右やることです。

利き腕と違いうまくできないかもしれませんが、均等にトレーニングすることも体を作る上では必要なんです。

野球などでは利き腕だけ鍛えるようですが、長くスポーツをやりたいならば必ず左右均等です。


なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。


スポンサーリンク



こちらの記事もご覧ください。
関連コンテンツ