若はげの原因には男性ホルモンが関係しています

若いうちから薄毛を心配する人が増えているようです。

若はげは、M字型に進行する

頭頂部ではなく、主に額の両側から上方に向かって薄毛部分が進行していくので、多くの場合は生え際の形がM字型になります。

この特徴的な形から、「M字はげ」とか「M字薄毛」などと呼ばれます。

M字ハゲの発生原因は、かなり細かく解明されています。
この作用機序の中で、男性ホルモンが大きく関与しているため、英語で「Androgenetic Alopecia」略称AGA( エージーエー)といい、直訳すると『男性ホルモン型脱毛症』になります。

一般的には、AGAの日本語訳は『男性型脱毛症』と呼んでいます。


スポンサーリンク


AGAに関与する物質たち

AGA発生に関与する物質を説明します。


男性ホルモンの9割を占める主成分です。
テストステロンは男らしい筋肉や骨格を形成する、重要なホルモンです。
このテストステロンは、若はげの原因にはなりません。

(リダクターゼ)
5アルファ・リダクターセと呼び、I型とII型があります。
I型は、広く全身に分布していますが、II型は前額部に集中する傾向があります。

5α還元酵素は、テストステトンを還元反応で5αDHTに変化させます。
5αDHTが若はげの原因物質と言われるので、この酵素活性を抑えることができれば、若はげを防止することは可能であり、いくつかの薬剤が実用に供されています。

(ジヒドロテストステロン)
テストステロンが還元されて水素が2個ついた形の物質で、男性ホルモンの一種ですが、非常に強力な作用を持っています。

男性外性器を形作る役割を持ち、同時に下に書いたようにAGA原因物質とも言われています。

(レセプター)
男性ホルモンと結合し、遺伝子の発現調節をおこなう核タンパク質の総称。
5αDHTと反応する受容体です。毛母細胞の皮脂腺付近に多く存在します。

アンドロゲン受容体の活性が強い体質の人は、若はげ(AGA)になりやすく、この体質は遺伝性を持っています。

若はげが遺伝すると言われるのは、このアンドロゲン受容体の活性が強い体質が遺伝することを指します。


「トランスフォーミング増殖因子β1」というタンパク質です。
5αDHTとアンドロゲン受容体が結合して、このタンパク質を増やします。

増殖因子という名前とは逆に、細胞活性を低下させる働きがあります。


俗に「毛根」といわれる毛髪の中心部にあり、毛髪の元を作り出す組織です。

毛髪を創りだして成長させたら、しばらく休むような周期性のある活動をします。

この毛母細胞付近で、上述のTGF-β1が増えると、毛細血管の血流量が減少して、徐々に活性を失っていきます。

育毛サイクルがきちんと回って、老化した毛髪が抜けるのは自然なことであり、同数の新しい毛髪が成長するので、病的なはげにはなりません。

ところが、毛母細胞の活性が低下すると、成長途中の若い毛髪を支えることができなくなり、抜けてしまいます。
十分に成長していない、細い毛髪が抜けることを、ミニチュア化と言います。

抜けた髪の毛を観察して、まだ若い、産毛のような抜け毛を発見したら、若はげ(AGA)の危険信号です。

もし、抜け毛の中にミニチュア化を発見したら、なるべく早く対応すべきです。

図解サイトの紹介

以上のようなメカニズムを図解で説明しているサイトがありますので、ご紹介します。

20160125a
原因物質をキャクター化しているので、とても分かり易いです。


なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。

スポンサーリンク