プランターで作る夏野菜をなら、何を選ぶ。

ガーデニング初心者がプランターで野菜を作ろうとした場合何を選んだら良いか分かりませんよね。
季節は限られますが、夏野菜は種類も豊富で楽に育ちます。

夏野菜はトマト・きゅうり・オクラ・ピーマン・ししとう・枝豆・ゴーヤなどです。

これは4~5月にはホームセンターに苗が並びますのでそれからの方が確実に育ちます。
種からの育成も可能ですが、時間がかかるので、初心者なら苗を買う方を強くオススメします。

ミニトマト

特にトマトは強い苗との交配や接ぎ木してあるものもあり、育ちやすさも違うのでぜひとも苗を使いましょう。

トマトは野菜用の鉢で十分です。
今は伸びてきたら支柱もついてる便利な鉢も売ってますので使ってみましょう。

トマトは大粒よりもミニトマトが一番楽で収穫が望める野菜です。

注意点はトマトは実がついたら水を控えめ(萎れない程度)にすると甘味が増しておいしくなります。

脇から伸びた芽を取り除いて1本立てにしてその幹だけをしっかり伸ばしましょう。
地植えなら2本立てをオススメしますが、プランターの場合は、1本立てのほうが実の付きもよく結局はお得です。

20150326c

目次に戻る

ピーマン

ピーマンは良く花が咲いて実のつきがよく長くたくさん収穫できます。
ししとうも同じです。

ピーマン・ししとうは赤くなっても食べれますが辛くなりますので注意です。

20150326b 20150326a

目次に戻る

枝豆

枝豆も同じで簡単に育ちます。
実がしっかり大きくなったら収穫しましょう。
手で触れば判断できます。

目次に戻る

 きゅうり

20150326d

きゅうりは病気になりやすいのですが、今はとっても強い苗を売っていますのでそれを使いましょう。
きゅうりは受粉しないとならないので忘れずに。

目次に戻る

ゴーヤは育てやすい

特に簡単なのは「ゴーヤ」です。

やはり、苗を買ってくるのが手っ取り早いですが、次のようにして種からも育てられますよ。
スーパーで買ったゴーヤの種の部分の白い綿のようなものを取り除き、種を1日水につけて浮いてるものはやめて沈んでるものを植えると芽がでます。
ゴーヤは野菜用の深めのプランターに2個植えて、よく伸びるので窓辺にネット貼ってグリーンカーテンになります。
一般の窓ですと2個のプランターを並べてちょうど良いカーテンになるでしょう。
また、4本あると食べきれないほどの収穫になります。

ゴーヤも受粉が必要なので忘れずに。

普通野菜用のプランターは深さがあるものを選びましょう。
根が張りやすいの深めをお勧めします。

ジャガイモなどは直接畑に植えるか、土の袋をそのまま使ってもよいです。

たくさん野菜を収穫して一番の安心・安全な野菜つくり。お子さんとの食育を目指して作ってみましょう。

楽しいものですよ。


なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。



関連コンテンツ


目次に戻る