子どもの偏食の原因は内部イメージにあり

子供の偏食の原因は幼児期のように親の影響だけではありません。
乳幼児期の偏食は、完全に親のせいだという記事を書きましたが、幼児期を過ぎて子どもになれば、だいぶ様子が違っています。
子供がその食べ物に対して、食べたときの味・食感・色の他に、内部的に抱えるイメージの影響もたくさんあります。

20150408a

子供の時期になると自分から食べ物を選ぶこともあるし、小学生になれば給食も始まります。
子供がその食べ物を食べたときのイメージが悪ければ「嫌い」という分類に入ってしまいます。


スポンサーリンク


同じ食べ物でも調理法によっても嫌いになります。

ピーマンは品種改良された

ピーマンは子どもが嫌いな野菜の筆頭でしたが、最近は品種改良によって、独特に苦味の少ないものなどもあって一概に嫌いではなくなってきています。

しかし、以前のピーマンの味が嫌いだった子どもたちは、やはり食べられません。
ピーマンに対して、悪イメージが残っているからですね。

現在の給食はいろんな海外の料理や、地元の食材なども使っています。
親世代の時の給食とはほど遠いものになっています。

給食に酢豚が出ない理由とは

今の給食で「酢豚」が出ないこと知っていますか?
酢豚は給食の残量が一番のおかずで、子供たちの嫌いなおかずNO1なのです。

材料は豚肉・ピーマン・筍・たまねぎ・パイナップルなどで、味はケチャップ・酢・砂糖・調味料などが主な材料です。
個々の食材は、子供たちは嫌いではありません。

酢のものも給食では出てますので、酢も嫌いではありません。
苦手な子もいますがそれほど多くなりません。

なのになぜ?酢豚が嫌いなんでしょうか?
パイナップルも給食では入ってないことも多いです。

なぜでしょう?

実は、酢豚を食べ慣れていないことに原因の大部分があります。

親が嫌いだから作らないとか、
面倒だから作らないことが原因なんです。

小学生になると、食べたいイメージや食べたときの環境も身体が覚えてしまって、食べられないこともあるんです。

酢豚を食べたことがない子どもたちにとっては、酢豚がなんだが得体のしれない物質に見えるのでしょう。
悪いイメージが形成されて、「あれはおいしくない」と認識してしまうと、すっと体が覚えてしまい、偏食になることが多いのです。


スポンサーリンク


好きだったものを嫌いにさせた例

ハンバーグが好きだからと言って、嫌いな人参を細かくして入れたお母さんがいました。
だけど、敏感な子供が気付き、ハンバーグ自体が嫌いになってしまいました。

ハンバーグに悪いイメージを植え付けてしまったようです。

子供の偏食は子供の中のイメージもあるってこと知っておいてください。

ただ食べたくないだけではない偏食なんです。


なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。



関連コンテンツ