前世の記憶がある人の記録はきちんと残っているのか?

世の中には前世の記憶がある人がいるらしいですね。

boy10

人は死んだ後に、別の人間として生まれ変わって、何度も生き返るという考え方があります。
『生まれ代わり』などと表現されることもあります。
これが輪廻転生の考え方で、古代インド仏教などの東洋思想で生まれた概念ですが、世界各地に同様な考え方があります。

キリスト教では基本的に否定しています。
しかし、完全に信じるのとはやや雰囲気が異なるのですが、「生まれ変わり」を受け入れる人はかなり多いようです。

この思想によれば、人は生まれる前には別の人格として人生を送っていたはずなので、その生前の人格のことを前世といいます。


スポンサーリンク


前世はあるのかないのか

前世の存在を信じるか信じないかは、個人の判断によるしかありませんが、その前に、どんな判断材料があるのか調べてみましょう。

何事においても、『ない』ということを証明するのは、あらゆるケースを想定しなければならないので非常に困難です。

逆に『無』に対して『有』つまり、『ある』ということを証明するのは、存在の一例を示すだけでよいので簡単です。

前世の記憶がある人がいるのです

『前世がある』こと証明している人たちがたくさんいます。
それは、自分自身の前世の記憶を語る人たちです。

一般の人に「あなた自身の最初の記憶を教えてください」と尋ねて、過去を辿って行くと、3歳から4歳くらいのときの事件やエピソードで止まるのが普通です。
中には、生まれ出る前に胎内で、お母さんの心音を聞いたなどという人もいます。

さらに、もっとさかのぼって、胎内に入る前の記憶を語る人がいるのです。
これが前世の記憶です。

前世の記憶があったとしても、多くの場合は幼少期のうちにその記憶が薄れてしまい、やがて忘れてしまいます。

幼児期ですから、まだ言語や描写力が十分に成長していないために明確な表現をすることが出来ず、片言の言い方になってします。

子どものカタコトの言い回しを、親が理解できないことが多く、子どもに生前の記憶があったとしてもキチンした記録を残すことが出来ません。

そもそも、両親が輪廻転生の思想を持っていなければ、子どもの言葉に耳を貸すことはないでしょう。

例えば、
「ぼくは生まれる前はパイロットだったんだ。墜落事故で死んだんだよ」
と語ったとします。

「息子が、なんか訳のわからないことを言い出した、悪いテレビの影響か」
などと、ほとんどの場合は、子どもの戯言(たわごと)として片付けられてしまいます。

前世の記録が残されるケースとは

ところが、世界には生まれ変わりを強く信じている特定の地域があります。
輪廻転生を信じる風土とか、生まれ変わりを自然のものとして受け入れる土壌がある地域のことです。

そのような地域では、地域社会全体が生まれ変わりを信じているので、子どもの言うことをないがしろにせずに、真剣に聞き取りますから、前世の記録が多く残されるのです。

中には、前世の記憶として
「ショットガンで撃たれた」
と言う少年の証言を調べた結果、実際にあった事件との照合が出来、記録に残されたショットガンによる傷跡と少年の胸の痣の形がほとんど一致したという事例も紹介されています。

これらの証言を信じるか否定するかは、各個人の自由な判断に委ねられます。

少なくとも、現代科学においては否定も肯定も確立した理論はありません

動画検索をしてみたら

ユーチューブで動画検索をしてみたら、たくさんの動画を発見しました。

最初に、UFO University の『転生科学』についての動画の要点を紹介します。

アメリカ、バージニア大学のイアン・スチーブンソン教授は、3000件の前世の研究をしている。

インド北部の調査では、500人に1人が前世の記憶を持っていた。

だが、6歳ほどで記憶は消える。


カナダのブリティッシュコロンビア州モリスタウンに住む、アメリカ・インディアン、ウェットセイタン族は霊魂の生まれ変わりを信じている。

この街には、誰々の生まれ変わりだと主張する人がたくさんいる。

アントニア・ミルズ博士は、この町で、前世の名残となる痣の研究をしているが、子どもたちの中には、前世の記憶だけでなく、前世の傷の特徴を痣として身体に示す人もいる。


別の研究では、前世でショットガンで撃たれたと言う若者の胸の痣がショットガンの傷跡とまったく同じだった例がある。

しかも撃たれた胸側だけでなく背中には突き抜けた傷跡の痣も再現されていた。

ショットガンの銃創と痣の一致は、15例で確認された。

別のシリーズ物からの紹介です。

前世科学(1) // UFO University ( UU )〔動画5分〕
子どもの前世記憶

横浜の医師の調査によると、生まれる前の記憶があると言う少女が仙台にいた。
今野祐香ちゃんが、小学3年生に進級したときつぶやいた一言が、

「気をつけなくちゃ、前は、3年生で死んでるから、気をつけなくちゃ」

前世では、習字バッグを持っているときに、黒い車に轢かれて死んだ状況も図示した。

祐香ちゃんは、もう一つの別の人格の記憶がある。
沖縄の戦争体験に似た記憶だ。

それ以上のことはわからないし、祐香ちゃんの記憶は薄れ始めている。

前世科学(2) // UFO University ( UU )〔動画5分〕
生まれ変わりの記憶

アメリカ、コネチカット州の消防士ジェフリーキーンさん(59歳)は、太もも・ふくらはぎ・頭部に生まれつきの傷跡がある。

その傷跡の位置は、南北戦争時代の将軍ゴードンの銃創の歴史の記録と一致している。

将軍の写真とジェフリーさんは、顔写真写真が完全に一致するほど、同じ顔つきをしている。


インドの少女ラダが交通事故で死んだ。

その9年後、知らない女の子が訪ねてきて、ラダの生まれ変わりという。
ラダ本人しか知るはずのない、家の間取りや家庭の状況を次々に言い当てる。

彼女の左足には、ラダが交通事故で受けた傷と一致するのだ。

前世科学(3) // UFO University ( UU )〔動画6分〕
前世療法

催眠療法で前世の記憶を呼び戻して、今の人生を豊かに暮らすように改善させる療法がある。

引っ込み思案のママさん(越智梨奈さん28歳)は、前世療法によって、ずっとためらっていた子供連れの「公園デビュー」をし、悩みを克服することが出来た。

前世科学(4) // UFO University ( UFO大学 / UU )〔動画14分〕
息子の前世記憶を立証した事例

会社員のブルース・レイニーカーと妻アンドレアには、2歳の息子ジェームズがいた。

ジェームズがある日「焼ける、落ちる」と悪夢を見るようになった。

小笠原の父島の二見港で撃墜された、ジェームズ・ヒューストン中尉の記憶があったのだ。

当時の飛行状態の図を書き、ヒューストン中尉の独特な愛称も記憶していた。

しかも、誰も予想できなかったこと、当時乗っていた戦闘機がコルセアであることを示した。

その後、ヒューストンの遺族に会うと、初対面の人達の名前を親しそうに呼んだのだ。

どう感じるか、どう判断するか

このブログ「いろはに情報館」は、『輪廻転生』や『前世』を信じるかどうかを議論する場ではありません。

検索によって、このブログに辿り着いた読者の皆さんに情報を提供することに徹して、筆者の意見は述べずに、動画でみた事例の紹介だけにとどめておきます。

これらの動画による情報(要約だけですが)に対する感想は人それぞれだと思います。

また、身近に生まれ変わりを語りだしたお子さんがいらっしゃったら、その証言を追跡してみるのも非常に興味深いですね。


なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。


関連コンテンツ


スポンサーリンク


コメント

  1. いろはに太郎 より:

    山口さん、コメントありがとうございます。

    不思議な体験をお持ちなんですね。
    YouTubeで紹介されている、科学者の研究を見ていると本当に前世があるような気もしますが、私自身が確信を持つほどには固まっていません。

    前世の調査には、子どもの記憶調査が重要なようですね。

  2. 山口勝徳 より:

    私が中学2年の時、鎌倉時代の歴史を学んでいる時、日蓮、法然、親鸞、の写真が載っていました。もう一人いたずらっぽい子供が写っていました、それを見た時、あ!こいつは、と思わずつぶやきました、40過ぎて、会社の仕事で、ある応募者を面談した時、その小僧がダブったのです、最近になって、私は前世にいた事を確信していて、そのような人を探しています。