日本で一番早い初日の出は犬吠埼ではない!

初日の出を誰よりも先に見ようと、東京スカイツリーに登ったり、飛行機に乗ったりするツアーの人気があるそうです。

では、地上で一番早く元旦の初日の出を見ることができる場所はどこでしょうか?


スポンサーリンク


そりゃ、北海道の東の端にある根室半島の納沙布岬だろうって!

大間違いです。

真夏の時季ならそれで北海道の東端で正解なのですが、1月ゴロの太陽は南東方向から登るので、北海道よりも千葉県の銚子市当たりが一番早いのです。

北海道東端の納沙布岬は6:49で、千葉県の犬吠埼よりも3分遅いのです。

一般的に、犬吠埼が『日本で一番早い初日の出』と宣伝しています。
2014-10-20_inubosakiでも、実際には、初日の出をもっと早く見ることが出来る場所があるんです。

どこでしょう?

実は、富士山頂なのです。犬吠埼よりも標高が高いので、遠くの水平線を見ることができるので、犬吠埼よりも4分ほど早く初日の出を見えます。

犬吠埼では6:46分ですが、富士山頂ではそれよりも4分間早くて6:42です。
2014-10-20_nonsh北方四島は日本固有の領土であるので、択捉島の東端が6:44で最も早い初日の出になります。

ところが、日本には、もっと早く初日の出を見ることが出来る場所があるのです。


スポンサーリンク


実は、離島になりますが、小笠原母島では、本州よりも20分以上も早く6:20に初日の出が見えます。
2014-10-20_minam

人が住んでいるところという制限を取り除けば、南鳥島の初日の出がもっと早いのです。

minamitorishimaしかし、南鳥島には一般市民の定住者はなく、飛行場施設を管理する海上自衛隊硫黄島航空基地隊南鳥島航空派遣隊気象庁(南鳥島気象観測所)、関東地方整備局(南鳥島港湾保全管理所)の職員が交代で常駐しています。

ここに常駐している25人程度の人たちが、日本で一番早く初日の出を拝める人になります。でも、お正月に、こんな離島で勤務しているのは大変でしょうが、国を守るための勤務でご苦労様です。


なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。

スポンサーリンク