犬はどんな夢を見るのでしょうか?推測してみましょう。

犬も夢を見るのでしょうか?

おそらく、犬を飼っている方なら、愛犬が睡眠中に不可解な足の動きやうめき声を発することを経験していることと思います。

これは、夢を見ているとしか思えませんが、そうなのでしょうか。
見るとしたら、どんな夢を見るのでしょうか。

ちょっとまじめに検証してみましょう。


スポンサーリンク


実は犬も夢を見るのです

最初に、下の動画を見てください。

熟睡している犬が、寝たままで猛ダッシュをして、その勢いで目が覚めてしまった様子です。

この動画を見れば、この犬が、夢を見ていたとしか思えませんね。

浅い眠りのときに夢を見やすい

睡眠の研究というと必ず出てくるのが「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」です。

あまり硬く考えないで、

  • 浅い眠りが「レム睡眠
  • 深い眠りが「ノンレム睡眠」

と覚えておきましょう。

睡眠の研究によると、浅い眠り(レム睡眠)の時には夢を見やすく、深い眠り(ノンレム睡眠)では夢を見ないとされていました。

しかし、最近では、頻度は少ないけれども、ノンレム睡眠時にも夢を見ることが確認されています。

20150501a

レム睡眠の脳は起きている

レム睡眠の「レム(REM)」は、「Rapid Eye Movement=目が早く動く」の略なのです。

眠りが浅いレム睡眠のときは、全身の力が抜けて体は深い眠りの状態になっています。
しかし、脳は起き ている時に近い状態で活発に働くため、目はきょろきょろと動き、呼吸や脈拍の乱れも出てきます。

そのため、目がキョロキョロ動く睡眠(REM)と名付けられたのです。

体は眠っているのに脳は活動しており、眼球や手足が動いたり、体の筋肉がピクピクと痙攣しているようにも動いたりします。

このような状態であるレム睡眠のときに夢を見ていると考えられています。

犬の睡眠はレム睡眠なのか。

寝ている最中の脳波を調べることによって、その時どちらの睡眠状態かを知ることができます。

この2種類の睡眠状態は、鳥類と哺乳類で確認されています。

だから、哺乳類である犬でも、寝ている間はノンレム睡眠とレム睡眠が繰り返されていると考えられています。

レム睡眠であれば、夢を見る可能性は高まりますね。

犬の眠りの8割はレム睡眠。

我が家でもビーグル犬を飼っていますが、起きているのは、朝2時間、午後4時間、夜2時間の合計8時間です。

ということは、残りの16時間は寝てばかりいるのです。
とにかく、夜はもちろん寝るのですが、昼間でも暇さえあれば睡眠を取っています。

しかし、その睡眠の質は、夢を見る浅い眠り(レム睡眠)が8割だそうです。

なぜ浅い睡眠ばかりなのでしょうか。

犬は、元々が野性の動物ですから、敵からの攻撃があればすぐに戦闘態勢に備えるか、直ちに逃げるかの対応をしなければなりません。

睡眠中とはいえども、油断をしてはいけません。
そのため、深い睡眠を取らず、浅い眠りで臨戦態勢を維持しているのです。

眠りが浅い分、時間を長くとっているのかも知れません。

だから、犬の睡眠を見ていると、少しでもかすかな音や振動を感じればすぐ目を覚まし、体を動かすようになっています。


スポンサーリンク


レム睡眠が多いのだから、夢も見るでしょう

犬の睡眠時間はおおよそ12~14時間、大型犬になると16~18時間と、一日の大半を寝て過ごします。

これだけを言うと、一日中ゴロゴロしているように見えますが、犬にとって眠りはとても大切な時間です。

足を動かしたり小さな声を出したりして夢を見ている可能性が高いのですが、レム睡眠中は眠りが浅いので、その行動に驚いて触ったり声をかけたりすると、すぐに起きてしまい大事な睡眠が十分取れません。

ですから、ノンレム睡眠中でもレム睡眠中でも、犬が眠っている時は無理に起こさずにそっとしておいてあげま しょう。

20150619a

さて、犬はどんな夢を見るのか

犬に聞くことが出来ませんから、推測してみましょう。

最初に人間が見る夢を分析してみます。
人間が見る夢を五感で分けた次の様なデータがあります。

  • 視覚を主体とした「見る」夢=96%
  • 音や声を「聞く」夢=25%、
  • 身体を使う「動く」夢=19%、
  • 舌を使う「味わう」夢=2%、
  • 手や足で「触れる」夢=1%、
  • 鼻で「嗅ぐ」夢=0%

人間は脳の半分以上を視覚情報だけのために使っていると言われるほど、視覚がとても重要な感覚 器です。

そのため、視覚を主体にした「見る」夢の比率が圧倒的に高いと考えられています。

ここで、犬の場合を想像してみると、犬は人間の何万倍も優れた嗅覚を持っていますから、臭いを「嗅ぐ」夢をたくさん見ているのかもしれません。

美味しいものの臭いなのか、怪しい敵の臭いなのか、愛しい仲間の臭いなのか、それは分かりませんが、嗅覚を活かした「嗅ぐ」夢を見ていることにしておきましょう。


なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。



関連コンテンツ