半熟ゆで卵の作り方!茹でない・簡単・早い・失敗なし

茹でないで作る
半熟ゆで卵の作り方を
紹介します。

失敗しないし、簡単で時間が早く、
しかも省エネの方法です。

半熟ゆで卵ってトロトロの黄身が
ポイントですが、
卵の中が見えないので、
微妙な時間管理が必要で

硬くなりすぎたり
白身がゆるかったりと、
なかなか
うまくいかないんですよね。

20年以上前になりますが、
日本テレビの番組である
「伊東家の食卓」
で放送した方法を紹介します。

そのときに覚えて依頼、
ずっと続けているので、
すっかり覚えてしまいました。


スポンサーリンク


信じられないほど、
とても簡単です。

半熟ゆで卵の作り方に必要な道具と材料は

材料

  • 生卵=数個
  • 水 =お玉一杯分(約75cc)

道具

  • フタ付きの鍋(直径20cm程度)
  • お玉(普通の大きさ、75cc程度)

半熟ゆで卵の作り方

(1)材料を入れる

鍋に生卵数個と
お玉一杯の水(75cc程度)
を鍋に入れます。

水の量が少ないけど、
間違いではありません。

この方法は卵を茹でるのではなく、
蒸気で蒸す加熱法なので、
水が少なくて良いのです。

卵の個数にも関係ありません。

生卵は冷蔵庫から取り出して
すぐ使えます。
室温に戻す必要はありません。

20150510a

(2)フタをする

鍋にフタをします。
蓋がないと空炊きになるので、
厳重注意ポイントです。
20150510b

(3)火を点ける

ガスレンジに載せて
火力を中火に調整します。
もちろん電気加熱でも構いません。

20150510c

(4)6分間過熱する

加熱時間を
正確に6分計間測します。

空焚きならないように、
必ず蓋をしたまま

【厳重注意】
時間を忘れて放置すると
空焚きになるので
目を離さないこと。

20150510d

(5)火を消す

6分後にレンジの火を消します。
20150510e

(6)4分間自然冷却する

蓋を開けずに
正確に4分間自然冷却します。

この冷却時間の長さで
半熟の固さが決まります。

20150510f

半熟の固さは、
この冷却時間の長さで調整します。

  • 3分半:トロトロの半熟
  • 4分間:ちょうど良い半熟
  • 4分半:少し固めの半熟

(7)水を加えて冷やす

鍋に水を加えて一気に
卵を冷やします。

20150510g

(8)皮をむいて出来上がり

茹で上がった玉子の殻を剥いて、
出来上がり。

作ってみたら

初めて作った時には
「こんなに水が少なくて大丈夫か」
と半信半疑でした。

試してみたら、
何回やっても失敗しません。

簡単なので何度も作り、
今ではすっかりおぼえてしまい、
当たり前の調理法になっています。

ポイントは厳密な時間管理です。
「6分加熱+4分間冷却」

これさえきちんと押さえておけば、
失敗することはありません。

軟らかい黄身の感触が
美味しいゆで卵の秘訣です。

わたしは
単純に塩をかけるのが好きです

でも、人によっては、

・マヨネーズだったり、
・醤油だったり、
・タレだったり、
・ポン酢だったり、

好みはいろいろですね。

ぜひ試してみてください。


なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。


関連コンテンツ


スポンサーリンク