温泉卵の作り方!簡単な電子レンジ法と本格鍋ゆで法。

ゆで卵とは食感が違う温泉卵は、
メニューによっては、
ゆで卵とは違った人気があります。

正統な温泉卵の作り方は、
湧き出し温度が
65℃~70℃の温泉水に、

生玉子を30分ほど
浸けておくだけです。

同じことをすれば、
温泉卵が出来ますが

一般家庭で、お湯の温度を
65℃~70℃に、
30分間維持することは
困難なので、

代わりに
簡単に作る工夫が
考案されているのです。


スポンサーリンク


この記事では、
家庭で簡単に温泉卵が作れる
3つの方法を紹介します。

目次

項目をクリックすると、その項目にジャンプします。

1 超簡単レンジ加熱法

とにかく簡単に速く
温泉卵を作りたい場合は、
この方法です。

失敗が少なく簡単なのですが、
唯一の問題点は、

殻が付いていないので、
卵らしい雰囲気が
作れないことです。

もちろん、味は変わりません。

(1)小鉢に卵を割り、表面を水で覆います。

20150511a

耐熱性の小鉢に卵を割り入れます。

その玉子の表面が覆われる程度に
水を加えます。

水の量は、大さじ2~3杯程度です。

(2)竹串を刺して、卵黄に穴を開けます。

20150511b

電子レンジ内で爆発しないように、
卵黄に穴を開けておきます。

竹串と書きましたが、
爪楊枝でもなんでも構いません。

(3)電子レンジで加熱します。

20150511i

加熱時間は、
レンジの性能や、
好みの固さによって
調整しなければなりません。

標準的には、
500Wで60秒程度
800Wなら30秒程度
です。

初めての時には、
40秒からスタートして
10秒ずつ追加する方法を
試してください。

(4)余分な水を捨てます。

20150511f

(5)正規の容器に盛り付けて出来上がり。

20150511g

耐熱性があれば、最初から
正規の容器で作ることも出来ます。

卵の殻が付いていないので、
お客さんに割ってもらう演出は
できません。

手軽にできるので、
インスタントラーメンの
トッピングには最高です。

2 やってはいけない殻付きレンジ加熱法

この方法は、
一応紹介だけはしますが、
爆発のリスクがありますので
おススメしません

このような方法があることを、
知識として知っておく
と言う程度にとどめてください。

しかし、殻付きの温泉卵を
速く作る方法なら
これしかありません。

(1)殻に割り込みを入れます。

20150511h

(2)割り込みから竹串を刺して卵黄に穴を開けます。

20150511j

20150511x

(3)小さな耐熱容器に卵を入れて水を張ります。

20150511y

この写真では、
湯呑みを使いましたが、
マグカップなどでもOKです。

(4)電子レンジで加熱します。

20150511k

加熱時間は、
600Wで60秒~100秒程度ですが

玉子が爆発するおそれがあるので
45秒程度からスタートして、
10秒単位で加熱を繰り返して
様子を見てください。

(5)爆発するとこうなります。

20150511z

電子レンジの内面全体に
玉子が広がるので、
掃除が大変です。

紹介しておいて
こんなことを言うのも
どうかと思いますが、

よほどの事情がなければ、
この方法は、
やってはいけません。

ま、爆発さえしなければ
温泉卵を作ることは出来ますよ。

3 簡単確実どんぶり法

これは、少し時間がかかりますが、
安全な方法で、一番簡単です。

500ccほどの容量の
フタ付きどんぶり
使用してください。

(1)どんぶりに生玉子を一個入れます。

20150511n

玉子は、割らずに殻のまま入れます。

(2)沸騰したお湯を注いでフタをします。

20150511m

お湯の量は、ほぼ500ccに
なるようにしてください。

お湯の冷め加減と
卵温度の上昇のバランスで
成り立っている方法なのです。

10リットルの大量のお湯の中に
卵を一個入れたら、

お湯が冷めないので
固ゆでのゆで卵に
なってしまいますからね。

(3)15分ほどこのまま放置します。

常温の玉子なら
15分ほどで出来上がりますが、

冷蔵庫から出したばかりの
冷えた玉子の場合は、
放置時間を
18分以上にしてください。

これで出来上がりです。
簡単ですね。


スポンサーリンク


4 たくさん作る鍋ゆで法

(1)玉子を冷蔵庫から出して常温に戻します。

冷蔵庫から出して、
15分以上室温においてください。

(2)強火でお湯を沸騰させます。

20150511o
必要な個数の玉子を入れたときに、
ひたひたになる程度の
鍋を使ってください。

(3)中火に弱めてから、玉子を入れます。

20150511p

割れ易いので、穴あきお玉などで、
静かに入れてください。

(3)中火のまま30秒間加熱します。

20150511q

(4)火を消して8分間放置します。

20150511r

8分間経過すれば完成です。

温泉卵の原理

卵黄は65℃~70℃で
凝固を始めます。

卵白は62℃では
ゼリー状になるだけ固まりません。

卵白が凝固するのは80℃です。

だから
65℃~70℃では、
卵黄は固まるけれども
卵白は固まらないのです。

65℃~70℃の温泉に
玉子を15分ほど浸しておけば
温泉卵が出来るというわけです。

まとめ

4種類の方法を紹介しましたが、それぞれの方法の使い分けを説明してまとめとします。

1個だけを簡単に作るなら
「どんぶり法」です。

ただし、15分以上かかります。

たくさん作るなら
「鍋茹で法」しかありません。

インスタントラーメンに
今すぐ入れたいような
緊急の場合なら
「レンジ加熱殻なし法」です。

3分以内に、殻付きの温泉卵を
どうしても作らなければ
ならない事情があるなら
「レンジ加熱殻付き法」
になります。

簡単な半熟ゆで卵の作り方も
紹介しています。

簡単な半熟ゆで卵の作り方!失敗しないし簡単で時間が速い

温泉卵と半熟ゆでたまごを
うまく使い分けて、お楽しみください。


なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。


スポンサーリンク



こちらの記事もご覧ください。
関連コンテンツ