郡山のラーメン屋で煮干しラーメンといえば『まるご食堂!』

福島県郡山市はラーメン激戦区で知られていますが、わたしが作った「 郡山のうまいラーメン屋ランキング」のトップに君臨するのは『煮干しラーメンのまるご食堂』です。

郡山市には、郡山ブラックという富山ブラックに並ぶ独特な真っ黒な醤油ラーメンジャンルがあるかと思えば、ラーメンの街、喜多方に最も近い大消費地なので、喜多方ラーメンからの進出店も多いです。

そんなラーメンの街で育った郡山っ子はラーメンの口が肥えているので、ヘボいラーメン屋は出店してもすぐに潰れてしまいます。

各種各様なラーメン店がしのぎを削っており、ラーメン店の味ランクは全国でもトップクラスだと思いますよ。

今回は、郡山ラーメンランキングでわたしがトップに位置付けた『まるご食堂』をタップリ紹介します。


スポンサーリンク


まるご食堂の味の決め手は煮干しラーメン

ラーメンのダシといえば、古典的には「鶏ガラスープ」、九州では「豚骨」が基本ですが、最近は、節系ラーメンと言って、かつお節やさば節などを活用した海鮮系ラーメンが人気です。

その極みが「煮干しラーメン」ではないでしょうか。

郡山のラーメン通として、郡山市の煮干ラーメンを探してみました。

結果、この「まるご食堂」しかみつけられませんでしたが、これが大当たり。

早速食べに行きましたよ。

看板メニューの「煮干しラーメン」税込み670円。

20150710b

海苔の上に乗っている粉は「煮干し」の粉末です。

運ばれてきたラーメンの香りを嗅いだら、たまりませんなぁ、煮干しの香りが際立っています。

早速スープから味見をすると、煮干しの味が口の中にぷわ~っと広がります。

おそらく、丁寧に煮干しの内蔵を取り除いているからでしょう、煮干し特有のエグ味が感じられません。

味は、「醤油」をお勧めします。
というか、「味噌」だの「塩」だののオプションはありません。
やっぱり、煮干しの味に合うのは、醤油ですねよ。
(あ、海老塩煮干しラーメンが、別のジャンルであります)

麺は、細麺と中太麺、太平ちぢれ麺から選べます
また、嬉しいことに無料で大盛りにできます。

騙されたと思ってカレースープらーめん食ってみな

20150711a

煮干しラーメンを何回か食べてから、ず~っと気になっていた「煮干しスープカレーラーメン」を食べてみました。

うまぁ~~~っ!

ラーメン通からは邪道だと言われるかもしれないが、こいつは旨い。

煮干しとカレーがこんなに合うとは信じられません。

邪道でも、反則でも構わない。
とにかく文句なしに旨い。

20150710i

スープカレーの味を損ねないようにと、チャーシューは鶏肉を使っている細やかさ。
辛味を和らげる、半玉が嬉しいね。

カレーライスとは、似て非なる食べ物だねこれは。
とにかく、市販のカレールーでは感じられない、スパイシーなスープがたまらない。

20150710d

当然、スープまで完食です。

煮干しラーメンと同じで、麺は、細麺と中太麺、太平ちぢれ麺が選べるけど、良くスープが絡む細麺がおすすめだなぁ。
それから、無料で大盛りにできるのは、全品同じ。

カレーの辛さは、中辛と辛口から選びます。
でも、2回目3回目の来店で、もっと辛くと要求すれば、3辛、5辛など注文に応じてくれます。

初めての人なら、普通の辛口でいいでしょう。
旨いんだから。

一度、4辛に挑戦したんだけと、大汗を流しながら我慢大会みたいになって、麺の味なんか感じられなかったので、2辛で十分ですよ。
カレーライスよりも、スープの方が辛さを強く感じるようです。

普通の人なら、最初は、辛口にしておきましょう。

実は、カレーラーメンがうまかったので、自宅で、市販のカレールウを使って真似をしてみたんだけど、全然味が違う。

結局、また食べに行ってしまった。

カレーラーメンですが、基本のダシは煮干しなので、違和感はないです。

郡山駅から遠いけど旨い

マスターは、以前は駅裏の昭和町にあったふわふわカレー「COOK」を営んでいたのですが、煮干しラーメンに目覚めて、こんな郊外に店を出しました。

市内方面から行くなら、郡山北警察署の近くを通る「安積街道」を郊外に向かって走ります。
左手にヤマダ電機郡山本店が見えますが、その前を通過。
さらにどんどん走ると、東北自動車道のガードを潜ります。

高速のガードをくぐったら500メートル先の交通信号の右角に「まるご食堂」があります。

20150710o

グーグルマップできちんとした場所を確認しておきましょう。

郡山駅から6.5キロ離れているので、車がないとちょっと行けない距離ですね。
だけどわざわざ行くだけの価値がありますよ。

20150710a

道路沿いに、「煮干しらーめん」の赤い大きな看板があるので、すぐ分かります。
周囲は、田んぼです。

20150710h

看板は、漢数字の五を丸で囲んでいますが、「まるご食堂」と読みます。

駐車スペースが5台分はあるので、店の規模からして、だいたい大丈夫です。


スポンサーリンク


店の中は

20150710g

カウンターが5席、テーブル席が4+2+4で10席
奥に座敷が8人くらい入れる、こじんまりした店内です。

右の黒服が、マスターです。

マスターの後ろにたくさんぶら下がっている小さな鍋は、カレールウを温める小鍋だって。

この辺に、元カレー屋さんのこだわりがあるようですよ。

メニュー紹介

基本は、「煮干しらーめん」と「スープカレーらーめん」の2種類ですが、雲呑やチャーシューのトッピングがあります。

20150711e

まだ食べていないのだけれど、1日10食限定の「濃厚煮干しラーメン」には、近いうちにチャレンジしてみたいです。

20150711c

季節限定の冷やしラーメンも。
これは、メニューの写真もなかったし、まだ食べていないので、残念ながら写真はありません。

20150711d

定休日と営業時間

毎週木曜日が定休日

営業時間は [月~水・金・土] 11:00~14:00 [日・祝] 11:00~16:00

営業時間から見ても、基本的にあんまり商売ッ気がなさそうですよね。

落書き帳

自由に書いてくださいって、落書き帳がおいてあります。

子どもの落書きが多いんだけど、ちゃんと書いてくれるオトナの人もいます。

20150710l20150710n20150710m

ここでは、ラーメンしか紹介しませんでしたが、カレーライスも各種やっていますので、ラーメンに飽きたら、ライスもどうぞお試しください。

別の味のラーメンも食べたい

煮干しラーメンは本当にお勧めですが、他の味のラーメンにも関心がある方は、
郡山のうまいラーメン屋ランキングをご覧ください。

郡山の旨いラーメン屋さんを、ジャンル別に紹介しています。


なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。


スポンサーリンク



こちらの記事もご覧ください。
関連コンテンツ