キッチンの断捨離は食器から!まず3群に分けます。

『断捨離』この言葉はもう皆様ご存じだと思います。

皆様、キッチンの「断捨離」できますか?

最近はテレビで「ゴミ屋敷」や「片づけられない」などよく聞きます。

まずは片付ける前に物の必要性を考えてみましょう。


スポンサーリンク


キッチンで食器棚にたくさんの食器が詰まっていませんか?

20150930c

毎日テーブルいっぱいにおかず作っても食器棚の食器すべて使うことはありません。

すべて出して考えてみるとあまりの多さに驚くはずです。

断捨離の基本は3軍に分ける

すべての食器を出して

  • 普段使う食器=1軍。
  • たまに使う食器=2軍。
  • お客様用=3軍

に分けます。

そうするといらない食器がわんさか入っていて出し入れも大変になっていることに気づきます。

引き出物や高級な食器などは箱にはいったまま保管されていませんか。

1軍に選ばれた食器をまず使いやすいところにおきます。

高さ・位置など取り出しやすくしまいやすいところにおきます。

2軍の食器は眼の高さより上におきます。

普段使いより大きいものや変わったサイズになるので目の高さより高めにしておけば目にもつくし使うことができます。

3軍のお客様用食器は高いところでも十分ですし、ガラスの食器棚ならば見栄えも効きます。

お客様用は一度におろして使うので高いところ十分なのです。

引き出物や高級な食器は2組ほどお客様用にしておけばあとは処分しましょう。

リサイクルショップへ持ち込む

リサイクルショップやオークションで売ればよいのです。

付いた値段が10円とか20円とか、情けなくなってしまいますが、また使ってくれる人の手に渡ることが重要なのです。

また完全に飾るだけにしてしまうのも作戦です。

そうなると食器棚やキッチンの棚があきます。

隙間ができると出し入れも楽になり、食器を洗ってすべてしまうことができるのです。


スポンサーリンク


食器棚に余裕があれば

それだけでもキッチンの周りが変わってきます。

go_022A

出しっぱなしの食器もなくなります。

水切りかごが水切るだけになるんです。

食器は毎日しまうとキッチンの見栄えも片付きも違い、使い勝手も格段に変わります。

作業する場所ができたり、作ったものが置けるようになったります。

キッチンの断捨離始めてみませんか?

革命的に変わりますよ。


なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。


スポンサーリンク



こちらの記事もご覧ください。
関連コンテンツ