パンダアップデートとペンギンアップデートはどう違う

ペンギンアップデートもパンダアップデートも、グーグル(Google)が高品質のサイトをユーザーに提供するために行う検索結果の表示順位を決定するアルゴリスムの更新(アップデート)の愛称です。


スポンサーリンク


一口で言うと、
   パンダはサイトの品質管理のための査察
   ペンギンは違法サイトの取り締まり
と言っても良いかもしれません。

ペンギンとパンダはどのように違うのかを具体的に説明します。

グーグルの使命とは

グーグルがインターネットの大海に数多あるサイトを検索して、検索順位を表示するのは、趣味やボランティアではなく、ましてや伊達や酔狂でやっているわけではありません。

広告料をいただく純然たるビジネスとして運営しているのです。

もしも、グーグルの検索結果が好ましくなければ、
「グーグルの検索結果は、クズみたいなサイトばかりだから、別の検索エンジンを使おう」
と、ユーザーはグーグルを見限って、BingやBaiduなど他の検索エンジンに流れてしまいます。

そうなっては、グーグルの露出頻度が低下して、広告主が離れてしまうので、ユーザーが求めている高品質のサイトを検索結果として提供することによって、グーグルの信頼性を高め、広告主の利益につなげようとしているのです。

グーグルが嫌うサイトとは

(A)内容が薄くユーザーの役に立たないサイト

いろいろな見方がありますが、ポイントは『Google の 品質に関するガイドライン』に違反していることです。
例えば次のような零時から役に立たないサイトを想定して下さい。

  • 内容がなく薄っぺらなサイト
  • 広告ばかりが目立ち実内容が少ないサイト
  • どこかで見たような文章ばかりのサイト
  • 専門性がなくだれでも知っていることしか書いていないサイト
  • 独自性がみられないサイト
  • バナーの量が多すぎるサイト
  • 他サイトと内容が重複しているサイト

条件は、これだけではありませんが、概ねこんな感じの役に立たないサイトを、グーグルは嫌っています。

(B)グーグルを欺こうとする悪意のあるサイト

グーグルの検索アルゴリズムの裏をかいて、検索上位に表示させようとする悪意のあるサイトが嫌いです。

  • 意味のないサイトから多数のリンクを受けているサイト
  • 隠し文字を使っているサイト(白地に白い文字、フォントサイズをゼロにする)
  • 文意を乱してキーワードをたくさん並べているサイト
  • グーグルクローラーと読者が見るサイトを転送で分けてしまう仕組みのサイト
  • リッチスニペット(検索時に表示する要約文)の表示を悪用するサイト

これらは、SEO対策(検索上位表示を狙う手段)として、プログラム技術を駆使しつつ、グーグルのアルゴリスムの弱点を突いて、読者が望まないサイトを上位に表示させようとする卑劣な連中で、ブラック・ハットSEOと呼び、グーグルは嫌っています。

panpen

パンダとペンギンの違い

パンダアップデートとは

上記の(A)項目にあげた「内容が薄くユーザーの役に立たないサイト」を、検索上位から引き下げるための更新プログラムを、パンダアップデートと呼んでいます。

具体的な手法は公開されていませんが、上に例示したようなサイトの他に、有料とは気が付かないような有料サイトとか、アフィリエイトの比率が多すぎすサイトなども、降格の対象になったようです。

グーグルでは、ユーザーに良質なサイト情報を提供するために、定期的にパンダアップデートを更新してきました。
2014年現在では、約1ヶ月周期でのパンダアップデート内容更新(アップデート実施)が確認されています。

細菌では「2014年9月26日、パンダアップデートを開始した」と、同社英国法人のPierre Far氏(Webmaster Trends Analyst)が Google+ への投稿で明らかにしました。


スポンサーリンク


ペンギンアップデートとは

上記の(B)に上げた「グーグルを欺こうとする悪意のあるサイト」を排除しようとする更新プログラムを、ペンギンアップデート呼んでいます。

このような悪意のある方策をブラックハットSEOまたはウエブ・スパムと言います。

サイトの評価において、過去のある時期には、被リンクの数が優良サイトの証だと考えれていました。
「サイトABCDはとても有意義だからご覧になることを勧めします」
のように、優れたサイトであれば、リンクを貼って多くの人に勧めるものだろう、つまり、被リンクの数が多いほど優れたサイトであるという判断でした。

そのため、従来は、
「格安で被リンク1000個をサービスします」
のような、SEO会社が存在しましたが、これからは意味のない被リンクは逆にマイナスポイントになるようです。

ペンギンアップデートで実際に検索結果にどのような影響があったのかを示す表があります。

※下記数字は英語圏での影響を示したもの。
2012年4月24日:約3.1%の検索結果に影響(初めてのペンギン)
2012年5月26日:0.1%以下の検索結果に影響
2012年10月5日:約0.3%の検索結果に影響
2013年5月22日:2.3%の検索結果に影響
2013年10月4日:約1%の検索結果に影響

Googleは、今後もペンギンアップデートを継続して行うことを発表しており、今後一層、ブラックハットSEOが厳しく取り締まりされるということです。

パンダとペンギンへの対策は

正しいSEO(ホワイトハットSEO)としては、次の3点に気を付けることです。

  • コンテンツの内容を充実させる:ユーザーが読んで満足するような内容で質を高めるのは当然として、見やすいイラストの配置や適切な文字の大きさ、さらには、スマホに対応したサイトデザイン(レスポンシブ・ウェブデザイン)の採用などの改善も考慮しなければなりません。
  • クローラーへの協力:クローラーが巡回しやすいように、サイト構造や内部リンクを最適化します。
  • インデックス最適化:グーグルエンジンが、コンテンツを適切に評価できるように、そのページのHTML構造を最適化します。グーグルでは、次のようなガイドラインを公表して、正しいSEOのあリ方を啓蒙しています。

なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。


関連コンテンツ


スポンサーリンク