さつまいもご飯の作り方!2合でも美味しいよ!

少量でも美味しく炊けるさつまいもご飯の簡単な作り方です。

簡単で美味しくできるにはどうしたらよいか、工夫が必要です。

20150807b

手がかかると作らないのが主婦なんですよねぇ。


スポンサーリンク


さつまいもの選び方

さつまいもは新しいと皮が明るい赤っぽい色になっています。
できたら新しい新芋を選びましょう。

新芋ならば皮のまま使えます。

ねっとり感の強い「金時芋」などはご飯にしたとき炊き上がると崩れてしまいます。
気を付けましょう。

材料

材料は、さつまいもと簡単な調味料だけだから、簡単ですよ。

さつまいもご飯の材料
  • 米 2合
  • みりん 10cc(大さじ2/3)
  • 酒 大さじ2
  • ごま塩 適宜

調理方法

  1. さつまいもをよく洗います。
    赤い色の新芋ならば皮はそのまま使います。
    茶色っぽい色ならば皮をむきます。
    0-19
  2. さつまいもを賽の目に切り、水にさらします。
    しっかりさらさないと炊き上がったときにアクで黒っぽい色になりますので見た目も悪くなります。
    アクが抜けて水が濁ってきたら水を替えてください。さらす時間は10分程度で十分です。
    20150807a
  3. 米を普通に研ぎます。
  4. 炊飯器の水加減を2合に合わせます。
  5. 調味料(みりんと酒)を加えてサツマイモを入れます。
  6. そして炊飯器のスイッチを入れて、普通に炊飯します。
    go_028A

スポンサーリンク


炊き上がったら

炊き上がったら混ぜるときにお芋をつぶさないように気を付けましょう。

お芋の形が残るように盛り付けたいものです。

仕上げにごま塩を振ります。

アレンジも楽しい

サツマイモの切り方もお弁当などには賽の目食事として食べるならば銀杏切りで大きめにしてもよいです。

サツマイモは充分に甘いので十穀米などを使うと粟・麦・玄米などとも相性がよいです。

少しもっちり感を感じると思いますがおいしいですよ。

十穀米は色が黒っぽくなって、さつまいもの黄色が映えて見た目にもおいしく感じられますので、食欲が落ちる方には最適です。

甘くなりがちなサツマイモご飯に材料に最初から少し塩を入れて炊いてみるとお芋の甘さが倍増します。
甘さが足りないお芋のときに試してみるとよいでしょう。

赤飯・栗ご飯よりも気軽に

我が家では赤飯気分で食べています。
お赤飯だと小豆を煮るのに手間がかかりますが、さつまいもご飯は手間もかかりませんし、手軽に手に入る材料なんですよね。

栗ご飯よりも安いのでたくさん使うことができますから、お芋がごろごろのサツマイモご飯も一品でおかずにもなります。

新芋が出たら、挑戦してみましょう。


なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。


関連コンテンツ


スポンサーリンク