ヘマトクリットの正常値は、男性が女性より高い

ヘマトクリット値とは、簡易的に測定できる血の濃さの指標です。

ヘマトクリットの正常値

ヘマトクリットの正常値(基準値)は、男性が女性よりも高く、次のように定められています。
・男性が「38.5~48.9%」
・女性が「35.5~43.9%」


スポンサーリンク


ヘマトクリットの測定法

ヘマトクリット(『ヘマトクリット値』とも言います)とは、血液中の血餅の比率です。

血液を容器に入れて遠心力で振り回すと、沈降する赤血成分と、透明な上澄みに分離します。

沈降した成分を血餅と言い、上澄みを血漿といいます。

内径が1.5mm程度で長さが10cm弱の細いガラス製毛細管に、血液を吸い込ませて、高速遠心分離機にかけると下図のような状態に血液が分離します。

hemato

この時、長さを測って、血液全体の長さをx(mm)血餅部分の長さをy(mm)とすると、ヘマトクリット値は
Hct=y/x*100(%)
で計算されます。

ヘマトクリット値の意味

ヘマトクリット値は、血液全体の中の血球成分の割合をします。
血球の96%は赤血球なので、ヘマトクリット値は赤血球の量を示している指標として使われます。
(他の血球成分としては、白血球と血小板があります)

赤血球の量と言われてもピンときませんが、『血液の濃さ』です。
ヘマトクリット値が低い場合には、『貧血の程度』と見ることも出来ます。

hemato2

一般に、男性は女性よりも「血が濃い」ので、ヘマトクリットの正常値も女性よりも男性が高いです。
また、女性はいろいろな生理現象によって、ヘマトクリット値の変動が大きいのも特徴的です。


ヘマトクリット値の異常

ヘマトクリットが低い場合

一般的には、鉄分が不足している貧血を最初に疑ってみましょう。
女性の場合だと、生理の後でヘマトクリット値が低下することがあります。

・鉄欠乏性貧血
・再生不良性貧血
・溶血性貧血
・出血原因貧血


スポンサーリンク


ヘマトクリットが高い場合

ヘマトクリット値が高いのは「血が濃いから良いのだ」などと安易に解釈してはいけません。
血が濃すぎると、毛細血管を詰まらせたりする可能性もあるので、適正な濃さが必要なのです。

人体には、生きるのに最適な条件というものがあり、健康な身体であれば、それに合わせるように自動的に調整しています。
正常値領域から大きく外れることがあれば、何らかの疾患を疑うべきです。

赤血球増多症
・ストレスや喫煙
・嘔吐や下痢、発汗などによる脱水症状
・骨髄の異常

女性の貧血対策として、鉄分補給のサプリメント
↓↓↓↓↓今すぐクリック↓↓↓↓↓



なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。


関連コンテンツ


スポンサーリンク