コンビニの氷は価格が安いよ!種類もいろいろ。

コンビニで氷を購入したことありますか?

259665

一般的に、スーパーよりもコンビニの方が価格が高いことが多いような印象がありますが、意外にコンビニの氷はスーパーより価格が安くて便利なんです。


スポンサーリンク


長持ちパワーの板氷

我が家は運動部の息子が多いので、急遽「氷持参」などはしょっちゅうなので、コンビニで氷を買うことがしばしばあります。

夏場は熱中症予防のため、氷をもっていくことも多いのです。

セブンイレブンには板氷というのが300円ほどで売っています。
これはクーラーバックに飲み物冷やすときは溶けにくく便利です。

大きさはティッシュペーパーの箱のくらいでビニールの袋入りで、6時間くらいは冷やしてくれます。

溶けてから中のお水もおいしく飲めます。

飲み物にはクラッシュ氷

クラッシュの氷も同じくらいの値段ですが、これは砕けているので溶けるのは早くなりますが、飲み物などに入れるときはこちらの方が適しています。

194781

またクラッシュの氷は透明で綺麗です。

大きくカットされているので、飲み物が薄くなるのがゆっくりになります。


スポンサーリンク


カップサイズの氷

コンビニには、アイスコーヒーのカップサイズの氷もあります。

中にはクラッシュした氷が入っていて飲み物を入れるのに丁度よいサイズです。

このカップタイプは熱中症予防のときに脇などを冷やすときに使えて、外での作業のときなどとても便利です。

167627

カップタイプなので溶けたら飲料水として飲むこともできます。

ストローもついて、甲子園のかちわり氷のような感じもします。

まとめてみると

今は家庭に冷蔵庫でたくさんの氷が自動的に作ることができますが、サイズが細かいので溶けるのも速く、冷やすことに使うと何回も入れ替えることになります。

ただ、板氷などは一般に氷の在庫数が少なく、冷凍庫の下の方に5~6個置いてあるだけなので、欲しいときに無いことが多いのです。

逆にクラッシュの氷は普段の生活の中で使う方が多いのでたくさんあります。

系列のコンビニに行けば必ずどこかに在庫があるので困ることもないのですが、急に入用のときには何軒もコンビニを回ることもあります。

今度使うときにコンビニいってみるといですよ。


なんでも調べる『いろはに情報館』です。

調査員は60代男性と50代女性。
熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。

ネット上にあふれる種々雑多な情報を
プロのテクニックで検索して
分かりやすく整理してお届けします。

もちろん、自分たちの経験や知見も
ふんだんに盛り込んでいますので、
借りてきた情報寄せ集めのまとめサイトとは
一線を画した内容を目指しています。

スポンサーリンク