iPhone6 Plusにストラップ用のリングを付けた実録写真

iPhone6 Pllusにストラップ用のリングをつけました。

iPhone6 プラスは、片手で持つには大きいし、表面に何も引っかかりがないので、落としそうで怖いです。
以前に使用していたiPhone5でもストラップをつけていたので、iPhone6 Plusにもストラップを付けることにしました。

以下は、その記録写真です。


スポンサーリンク


ストラップ用のリングを付ける場所

iPhone6 プラスのライトニング挿入口の両側に小さなネジがついています。
拡大してみると、なんと星形のネジ頭になっています。
iPhoneのネジ

ネジを1本取り外すとこんな風にネジ穴が開いています。
作戦としては、このネジ穴に、リング用のネジを挿入してネジを交換しようというわけです。

iPhone のネジ穴

交換部品と工具

取り外したネジと交換用のリング付きネジ

すごく小さいので、無くさないように気をつけて作業をします。

iPhoneのネジ

星形の精密ドライバー

外観はまぁ、普通のドライバーです。

星形精密ドライバー

先端は、きれいな星形に切削されています。
よくまぁ、こんなに小さく星形に切削したこと、などとビックリしました。

星形精密ドライバー

交換終了

あっという間に終わってしまいました。
あまりにも簡単ですね。

iPhonのストラップリング


感想など

星形のねじ山を壊さないように注意して作業をしました。

交換用作業用の星形精密ドライバーと、ストラップ用リング付きの交換部品は、通販(楽天)で探しました。

ドライバー付きの税込み価格が280円だったので安いのですが、送料が製品よりも高くて600円以上もかかってしまいましたが、仕方ないですね。
iPhone5用と書いてありますが、iPhone6もこの部分のネジの仕様は一緒なので、問題なく使えました。
いい買い物をしたと思っています。

おかげさまで、片手では持て余し気味のiPhone6 Plusを、安心して扱うことが出来ようになりました。


スポンサーリンク


iPhone5時代の残骸

このネジ用リング部品を知らなかったので、ケースで対応していました。
ストラップがつけられるケースを3種類持っていますが、iPhone6のケースはまだ高いので、リングを使いました。

普通に使っていたケース

下部にストラップ用のリングが付いているので、ここにストラップを通していました。
この写真は「白色」ですが、実際には「黒色」を好んで使っていました。

iPhone5用ケース

指を通すケース

これは、確かアメリカのメーカーだったと思いますが、指を通して使うのですが、出っ張りが邪魔なので、殆ど使わずにお蔵入りでした。
結構高かったのになぁ。

iPhone5用ケース

スタンドにもなる指リング・アダプター

この製品は、粘着剤でiPhone の裏側に付着させて使う製品でしたが、わたしはケースにくっつけていました。
買った後しばらくは使っていましたが、iPhoneの薄さを台無しにしてしまうので、結局使わなくなりました。
このリングは垂直に立てると、iPhoneを横向きに立てるスタンドにもなります。
でも、邪魔でした。

IMG_1566

ネジを交換してリングを付けるのが一番スマートだと思います。

iPhoneのデザインに対するこだわりなんだろうけど、ストラップホルダーの穴くらいは、最初から付けておいて欲しいですよ。

日本の会社だったら、必ず付けていると思います。


なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。


スポンサーリンク



こちらの記事もご覧ください。
関連コンテンツ