ロレックスのオーバーホール代金を安くする技!

なぜ機械式時計のオーバーホールが必要なのか

ロレックスやオメガに代表される機械式高級時計は、3年から5年ごとにオーバーホール(分解掃除)をしないと、傷みが激しくなり最悪の場合は動かなくなります。

機械式時計は、小さいけれども、可動部分を持つメカなのです。

一般の人にとって身近で動くメカといえば自動車が思い付きますが、自動車の場合は2年毎の車検が義務付けられていますね。
車検は、メカの劣化を点検補修する法律ですが、命がかかっているから疎かには出来ません。

命はかかっていませんが、メカの点検と補修が必要なのは、機械式時計でも同じです。

  • 可動部分の劣化(摩滅や微小破損)
  • 潤滑油の劣化(粘度低下や異物混入)及び乾燥
  • パッキン材等の硬化
  • 金属のサビ
  • ネジの緩み

など、通常の使用で必然的に発生する消耗現象を点検によって補正してやることが必要なのです。
20151202b
写真提供:時計修理の千年堂

ゼンマイの力で、テンプという振り子を動かすメカだからこそ、必要な作業なのです。

定期的な費用だから高額なのは辛い

一般の人が、高級機械式時計をオーバーホールしようと思ったときに、どこに依頼するでしょうか。

クォーツ全盛の現代においては、街の時計屋さんが消滅しつつあります。

殆どの時計屋さんでは、オーバーホールのような専門技術を有していないのが現実です。

しかたなく、名前が通った「日本ロレックス」などに依頼することになるかと思います。

正規メンテナンスの安心感はありますが、とにかく代金は高いです。

日本ロレックスのオーバーホール料金は

  • オイスターPERPETUALで、4万3千円とか
  • オイスターDAY-DATEⅡで、5万5千円とか
  • オイスタープロフェッショナルCOSMOGRAPH DAYTONAで、6万円

などとなっています。

これに、交換部品があれば部品代が加算されますから、上限は分かりません。

3年~5年毎に5万円の支出は、痛いですよね。

時計修理技能士の実力

日本には、「時計修理技能士」と言う国家資格があります。

20151202c
写真提供:時計修理の千年堂

1級から3級まであり、「1級時計修理技能士」ともなれば、経歴にもよりますが、通常は5年以上の実務経験がなければ合格出来ない厳しい試験です。

試験項目は、学科試験の他に4時間30分にも及ぶ実技試験があり、合格者に与えられる技術の信頼性は揺るぎないものです。

精密な機械式時計のオーバーホールは、一級時計修理技能士にお願いすれば安心です。

郵送で見積もり、時計修理の千年堂

池袋に本店がある、時計修理の専門店、千年堂を紹介します。

「1級時計修理技能士」を多数かかえて、NETを活用した、ロレックスとオメガの専門店でせう。

日本ロレックスなどと比べると、およそ2万円~3万円やすくなり、しかも1年間保証が付いているので安心です。

次のような流れで、オーバーホールを依頼します。

20151202d

申し込みは簡単で、下のリンクをクリックして、一番下のフォームに記入するだけです。
⇒ 時計修理の千年堂
20151202e

無料見積りを依頼したあとからでも、金額に納得できなければ断ることができます。

しかし、千年堂に見積もりを依頼した人のうち、92%は仕事を依頼しています。
それだけ、リーズナブルな価格だということですね。

機械式時計の良さは、何と言ってもアナログなところですよね。わたしは、手巻きよりも自動巻きの振動が好きです。手を振ったときに、手首に感じる心地よい振動が、

あ、この時計が呼吸をしているんだな、って感じがします。

デジタルクォーツには、この感覚は望めません。

いつまでも大事に使うためには、定期的なオーバーホールは欠かせません。

⇒ 時計修理の千年堂

にお任せください。

正規メンテナンス店よりも、確実に2万円以上安いです。

しかも、一級時計修理技能士の裏付けがあり、他では見られない1年保証です。