2016年の花粉症対策!スギ花粉飛散時期を400℃の法則で完全予測

400℃の法則で花粉の飛散時期を予測

東京近郊では、花粉の飛散が始まる時期を予測することができます。

2016年1月5日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一のモーニングショー」で放映された情報に基いています。


スポンサーリンク


花粉の400℃の法則とは、

1月1日以降、毎日の最高気温を積算して400℃に達した頃に花粉の飛散が始まる。

というものです。

最近の10年間のデータを紹介しましょう。

1月11日までの積算 400℃の到達日
2007年 117.2℃ 2月6日
2008年 130.8℃ 2月14日
2009年 112.7℃ 2月8日
2010年 115.9℃ 2月8日
2011年 104.6℃ 2月12日
2012年 108.4℃ 2月17日
2013年 103.6℃ 2月8日
2014年 115.9℃ 2月7日
2015年 117.6℃ 2月10日
2016年 133.9℃(予測) 2月8日(2/6日時点での予想)

この表で見ると、実績と予測によると、1月11日までの最高気温積算値は、過去10年で今年が最高です。

ということは、今年は、花粉の飛散がかなり早いのかもしれません。
1月から対策を始めたほうが良さそうですね。

美味しんぼ101巻で紹介された花粉症の症状を緩和するお茶です。
田七人参とお茶の作用で、花粉症の症状が和らぎます。

日本で1番最初に有機JAS認証を取得し、TV・ラジオ・新聞が数多くのメディアが注目。
完全無農薬・有機栽培のお茶です。
漢方では上薬とされている極少の「有機田七人参」を配合しています。

2016年の400℃到達まで、毎日グラフを更新していますので、時々チェックしてください。

20160226a

今年はスギ花粉の飛散時期は早そうです。
東京近郊では、2月に入ったらすぐにも飛散が始まりそうです。
131025

ちょっと待て、オレが知っている400℃の法則は違うぞ

一般によく知られている400℃の法則は、桜の開花日予測ですね。

桜の開花日を予測する400℃の法則とは

2月1日以降、毎日の平均気温を積算して400℃に到達する頃が、桜の開花日になる。

というものです。

花粉と桜はスタート日が違います。

  • 花粉の飛散開始は、1月1日からの積算
  • 桜の開花予想日は、2月1日からの積算

花粉と桜は測定項目が違います。

  • 花粉の飛散開始は、最高気温の積算
  • 桜の開花予想日は、平均気温の積算

同じ法則名がつけられているので、紛らわしいですね。

600℃の法則もあるよ

600℃の法則は、桜の満開日を予測するものです。

2月1日以降、毎日の最高気温を積算して600℃に到達する頃に、桜が満開になる。

似たような法則がありますが、それぞれ求めているものが違うので、間違えないでくださいね。


なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。

スポンサーリンク