バスタオルを洗濯するとゴワゴワになる対策は!

ドラム式洗濯機でバスタオルがゴワゴワになる理由

バスタオルを家庭で洗濯すると、なぜかゴワゴワになりますよね。

特に最近大いに普及しているドラム式洗濯機。


スポンサーリンク


これはたたき洗いに等しいので、通常の縦型洗濯機よりゴワゴワになります。

たたき洗いは手洗いのときに行うのですが、上から押しつけるように洗います。

なのでどうしても固まったようになります。

ドラム式も似たような状態で洗います。

ドラムが回転して上に行く手前で落ちる、また上に回るが落ちる、このように毎回叩きつけるような状態で洗うため、ゴワゴワ感が抜けません。

147736

縦型洗濯機でも水流が強いと同じような現象がおこります。

ネットに入れても変わりません。

タオルの洗濯寿命は30回

タオルの洗濯寿命が30回とも言われています。

30回なら毎日洗ったら1ヶ月で寿命が来てしまいます。

1ヶ月で寿命ですと相当量のタオルが必要になり、家庭の主婦としては溜まったものではありません。


スポンサーリンク


ゴワゴワにならない洗い方

まずゴワゴワにしないために洗い方から考えてみましょう。

洗濯物を入れすぎず水の量を多くする

ドラム式でも縦型でも最近の洗濯機は水の量がとても少ないことご存じですか?

特にドラム式は溜める分が極端に少ないのです。

タオルを洗うときは水を多めに設定して、洗濯物を入れすぎない。

意外にも洗濯機に入れている洗濯物の量はメーカーが設定したものの1.5倍ともいわれています。

特に大型化している洗濯機のため、入れて回ればOKと思っている方が多いのが現状です。

そういう私も入れすぎなんですが ((^┰^))ゞ テヘヘ。

洗剤を入れ過ぎない

そして洗剤も入れすぎないことです。

洗剤分が残っていることもゴワゴワの原因になっています。

干す前に振って毛を立たせる

次に干し方です。

バスタオルなどは大きいのでそのまま伸ばして竿にかけて「一丁上がり」ってこと多いですよね。

20160207d

干す前に一度伸ばして縦横伸ばすと毛が起きると言いますが、これは思ったほどの効果がありません。

干す前に、バッサバッサと数多く振って、全体の毛を起こすようにするとふわふわの効果ありです。

20160227c

月一で乾燥機で毛を立たせる

また月に1度程度乾燥機に掛けるとふわっとします。

乾いているものならば3分でも違いがでます。

私もタオルが古くなったなって思ったら乾燥機に軽くかけて復活させています。

子供たちも柔らかいタオルを好んでいます。

毎日ですと電気代がかかるのでうまく活用してタオルを長持ちさせるようにしましょう。

一手間で結構ゴワゴワが減りますよ

簡単なことでゴワゴワから脱皮できます。

試してみてください。

毎日のひと手間で変わります。


なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。


スポンサーリンク



こちらの記事もご覧ください。
関連コンテンツ