日本郵政迷惑メールの実例を紹介します。

最近日本郵政や日本郵便を名乗った迷惑メールが増えています。

それが、ついにわたしのところにも届きました。


スポンサーリンク


Gmail チームからの警告

このメールは、gmailを経由して受信しています。

gmailチームからこんなメールが届きました。

Gmail チーム <mail-noreply@google.com>

日本郵便 – 日本郵政 (xxxxxxx@rambler.ru) さんからの “(件名なし)” という件名のメッセージに、ウィルスに感染またはその疑いのあるファイルが添付されていました。このメッセージはアカウント xxxxx@xxxxxxx.com から取得せずにサーバーに残っています。

Message-ID: <8888888888.888888.8888.88888@mail.rambler.ru>

日本郵便 – 日本郵政 さんと連絡をとる場合は、[返信] をクリックして、日本郵便 – 日本郵政 さんにメッセージを送信してください。
ご利用いただきありがとうございます。

Gmail チーム

ウイルスメールを発見すると、時々通知されるメールです。

日本郵政からの怪しいメール

通知されたメールをサーバー上で開いてみました。

こんな内容です。

差出人: 日本郵便 – 日本郵政 <xxxxxxx@rambler.ru>
To: xxxxx@xxxxxxx.com
Cc:
件名:no subject
添付ファイル:03152016 ohaclbs.zip
—-
拝啓
配達員が注文番号888888888888の商品を配達するため電話で連絡を差し上げたのですが、つながりませんでした。従ってご注文の品はターミナルに返送されました。ご注文登録時に入力していただいた電話番号に誤りがあったことが分かりました。このメールに添付されている委託運送状を印刷して、最寄りの日本郵政取り扱い郵便局までお問い合わせください。
敬具
日本郵政ジャパンの宛先:
〒108-5797
東京都港区芝浦4-13-23
MS芝浦ビル13F
日本郵政

めっちゃ怪しい

怪しい点を列挙してみますね。

0-88

タイトルがない

日本郵政からのビジネスメールなら、タイトルを付けるのが当然です。

タイトル無しのメールは、開く前からそれ自体がすでに怪しいです。

ドメインがロシア

発信者のドメインが「.ru」です。

ルーマニアかなと思ったのですが、ロシアでした。

ちなみにルーマニは「.ro」なので、日本語のローマ字感覚と逆になりますね。

日本郵政からのメールが、「.ru」はありえないでしょう。

郵便番号が存在しない

「〒108-5797」を検索しても該当なしです。

住所は実在する「芝浦海岸通郵便局」の住所でしたが、どうして郵便番号が違うのでしょうかねぇ。

日本郵政にメールアドレスを通知していない

わたしは自分のメールアドレスを日本郵便に通知したことがありません。

この日本郵政は、どこでわたしのメールアドレスを知ったのでしょうか。

謎ですね。

おそらく、日本郵政じゃない人物か団体なのでしょう。

ということは、このメールはニセモノです。


スポンサーリンク


なぜ委託運送状がzipファイルなのか

委託運送状なるものがあったとしても、なぜzipファイルなのか不自然です。

テキストファイルで済むだろうし、一歩譲るとしてもpdfファイルまででしょうね。

このファイルを開くと、実行ファイルだったり、スクリーンセーバーだったりするようです。

危ないので、わたしは開きませんでした。

日本郵政ではこのようなメールは出さない

日本郵政では、このようなメールは出さないことをサイトで公開しています。

そのサイトは「日本郵政を装った迷惑メールについて」です。

皆様、十分にご注意ください。


なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。

スポンサーリンク