階段の犬用滑り止めはコルク素材がベストです。

犬は関節が弱い動物です。

現代のペットブームでワンちゃんも室内で一緒に生活する方が増えていますね。

でも人間の暮らしがワンちゃんにも快適とは言い切れません。

「犬は関節の弱い動物」と言われています。


スポンサーリンク


散歩も好きですし、家の中でも飛び回っています。

でも人間に比べてワンちゃんは関節・股関節などが弱いので、人間の生活の中では関節に相当量の負担があるのです。

まず大型犬(ゴールデンレトリバーなど)は先天的に「股関節形成不全」などになりやすいのです。

小型犬(トイプードル・ポメラニアン・チワワ・柴犬など)は「膝蓋骨内方脱臼」、膝の裏の骨であり、靭帯とくっついています。
それが悪くなると歩くことができなくなります。

an_002A

我が家のビーグル犬も、椎間板ヘルニアを患って、しばらく安静にしていました。

何気ない階段が実は難敵なのです。

犬の生活で特に小型犬などは階段で非常に力を使います。

考えてみれば犬の体格からすると小型犬では階段のワンステップが、山を登るような感じで昇っていることになります。

それだけの高さのところを上り下りすることによって、身体にも影響が生じるのは当たり前なことなのです。

階段は昇りの負担によりも、下りのストップが効かず、落下などの事故も多いのです。

そんな家庭内の事故を減らすために階段などに滑り止めを置きましょう。

犬は最初の一歩目で爪を立てて走りだすことが多いのです。

それだけ最初に力がかかります。


スポンサーリンク


最適な素材はコルクです。

爪を立てても大丈夫な素材は何か?
一番良いのは厚みもあり滑らないものが良いのですが、適したものとして「コルク」素材があります。

階段の滑り止めでも使われています。
コルク素材は軽いが爪をたててもずれないので最適なのです。

また大きな犬でも力が入る点がよいですね。
さらに絨毯などにくらべて毛羽立つこともなく、衛生面でもよいと言われています。

アマゾンご利用者はこちらから

人間も高齢になれば階段も大変になり、手すりや滑り止めも必要になりますよね。

人間もワンちゃんも共存していくためには早めの対応が事故防止になるはずです。

ワンちゃんにも長生きしてもらいたいですよね。


なんでも調べる『いろはに情報館』です。

調査員は60代男性と50代女性。
熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。

ネット上にあふれる種々雑多な情報を
プロのテクニックで検索して
分かりやすく整理してお届けします。

もちろん、自分たちの経験や知見も
ふんだんに盛り込んでいますので、
借りてきた情報寄せ集めのまとめサイトとは
一線を画した内容を目指しています。

スポンサーリンク