メガネの滑り止めは鼻で決めましょう。

メガネがずれるのってイヤですね。

眼鏡を普段使っていると一番の不快は「ずれる」ことです。
メガネは毎日かけたりはずしたりの行動が多く眼鏡が広がってしまいかけ心地が悪くなります。


スポンサーリンク


ねじを締めて調整してもらえばかけ心地は戻ります。
が、
毎回毎回、眼鏡屋さんに行くもの面倒です。

メガネのねじは1mmくらいとても小さいので一般のドライバーでは使えません。
不便になれば見えにくくなり、毎日の生活に支障がおこります。

文字を書く、パソコンを使う、運転する、何もかもがうまくいきません。

20160501a

シリコン製の滑り止め鼻パッド

その眼鏡のかけ心地のための滑り止めがあることご存じですか?

シリコンでできた鼻パッドという商品です。

アマゾンご利用の方はこちらから

メガネの鼻の当たるところに貼るだけです。

特に小さなお子さんには最適な商品だと思います。

お子さんはメガネを落としたり、壊したりすることが多く、メガネ屋さんによっては保険もあるところもあるのです。

でも、何度も保険がでることはないので、落ちない対策も必要になりますね。

シリコンタイプは走っても大丈夫とのことです。

リップ型の滑り止めもあります

他にはリップ型の「ハナピタ」という商品はメガネの鼻のところに塗るだけでおちない塗布剤です。

物はワックスのようなものをメガネの鼻のところに塗って滑らないようにするのです。

アマゾンご利用の方はこちらから

シリコンタイプはどうしても付属品を付けた感が強いのですが、「ハナピタ」は使用感がありません。

余計なものを付けることが嫌いな方は、こちらを選びましょう。

この商品がネットでしか手に入りにくいらしいですよ。

女性にはリップタイプの方がよいかもしれません。

持ち歩くなら、リップタイプの方がよいですね。

気になったらすぐに使えるところは便利です。

このリップタイプはお子さんには向かないかもしれません。

どちらにしても、メガネの不快感が消えるならば一度試してみたいものです。

疑問は暑い季節には汗が心配だったのですが、2~3時間おきに塗り直せば、しっかりサポートしてくれるとの報告もありました。
だから、ジョギング等でも問題なく使えるようです。

メガネの滑り止め、使ってみたいなぁ~~と感じました。


なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。


スポンサーリンク



こちらの記事もご覧ください。
関連コンテンツ