住宅用火災警報器設置の罰則がないのが不思議

住宅用火災警報器の設置義務

2006年6月1日から新築住宅及びそれに準ずる住宅を建てる場合、火災警報器の設置が義務付けられました。

リフォームなどは新築に準ずる住宅となります。

また既存住宅では、遅くとも2011年5月までの設置が義務つけられています。
(もう、過ぎていますけど)


スポンサーリンク


夜間逃げ遅れないために

住宅火災では夜間、寝室以外の部屋から火災が起きた場合、逃げ遅れる、逃げ場を失うなどが災害が多く起こりました。

火災が起こったときに気づかず逃げ遅れることのないよう、火災警報器の設置が義務づけられているのです。

0-69

建築基準法では「就寝に使用する部屋及び階段」に設置が義務つけられています。

市町村などの条例によっても違いはありますが、設置は義務化されています。

今の住宅は燃えにくい素材が多く使われていて、住宅内の別の部屋で発生した火災に気づかないことが多々あります。

2階の火災に気付かなかった実例

私の親戚の事例ですが、2階で発生した火災に気づかず、隣の方が洗濯物を取り込むときに気付いて、一階にいた家族に声掛けしてくださり、2階の火災だけですみました。

1階にいても全く煙もなく気づかなかったそうです。

このような事例を直接聞くと、火災警報器の設置がどれだけ必要かわかります。

寝室と階段が重要

建築基準法では「就寝に使用する部屋」が重要な設置場所なので、寝室・子供部屋など設置することになっています。

第2に「煙の通り道」にも設置するので、2階に寝室のある方は階段にも設置の義務があります。

煙式と熱式の火災警報器

火災警報器には、光電管で煙を感知する煙式と、周辺温度が一定の温度に達する熱を感知して警報がなる熱式があります。
それぞれ、特性が違うので使用場所に応じて機種を選ぶ必要があります。

消防法では煙式

消防法令で寝室や階段室に設置が義務付けられているのは煙を感知する(煙式)住宅用火災警報器です。

煙式は熱式よりも検出感度が高いので、火災が発生すれば煙が充満する寝室などに適しています。

熱式は、キッチンなど大量に熱や蒸気が発生するところに向いているのですが、あまりにも火器の近くではすぐに反応して誤作動する場合がありますので、設置場所に気を付けましょう。

消防では、キッチンなどでも、検知が早い煙式を推奨しています。

罰則がない不思議

ただこれだけ火災警報器を付けるように決まっているのに、取り付けないことに対して罰則はありません。

取り付けなくても何も言われないのです。
それでは何のための規則なのかわかりませんね。

火災警報器は、自分自身の身を守るためのツールです。
設置しないからと言って、直ちに犯罪行為とは言い難いのです。

ヘルメット義務化から罰則適用までの例

自分の身を守るツールという点では、車のシートベルト装着やバイクのヘルメット着用に似ていますね。
他人に迷惑をかけていないのだから余計なお世話だという意見もありました。

しかし、バイクのヘルメット着用では、次のように段階的に義務化及び罰則が強化されてきたのです。

  • 1965年(昭和40年)高速道路でヘルメット着用努力義務(罰則なし)
  • 1972年(昭和47年)最高速度規制が40kmを超える道路でヘルメット着用が義務化(罰則なし)
  • 1975年(昭和50年)政令指定道路区間で51cc以上のバイクのヘルメット着用が義務化(罰則あり)
  • 1978年(昭和53年)すべての道路で51cc以上のバイクのヘルメット着用が義務化(罰則あり)
  • 1986年(昭和61年)原付も含めたすべてのバイクすべての道路でヘルメット着用が義務化(罰則あり)

このようにヘルメット着用義務が強化されたのは、当時バイク人口が増えて、若年層のライダーによる事故増加などを受けたためです。

他人に迷惑をかけないとは言っても、事故を起こして頭部外傷が大きくなれば、結局は救急や警察に大きな迷惑をかけているのです。

住宅用火災警報器に眼を向けると

住宅火災の死者の原因は、逃げ遅れが最も多くて約6割を占めています。

火災死者数は就寝時間帯の方が多い、つまり寝ている時にどやって知らせるかが救命のポイントです。

このために、寝室への火災警報器設置が義務付けられています。

義務化当初は1台数万円と高価だった装置が、現状では2000円を割っています。

このような状況を考えると、今後段階的に義務化と罰則が強化されるのかもしれません。


なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。


関連コンテンツ


スポンサーリンク