目薬の使用期限は?未開封と開封済みで違うの

市販の目薬の使用期限

市販の目薬は手軽に買えるし、最近はクール感が気持よくて気軽に使うことが多いですが、使用期限はどうなっているのでしょうか。


スポンサーリンク


未開封の場合

未開封で冷暗所に正しく保管された製品であれば、外箱に表示されている使用期限までは安全に使用できます。

20160506d
一般に、こんなふうに外箱に表示されており、内部の説明書や容器には表示がありません。

使用期限は誰が決めるのかというと、メーカー(製薬会社)の品質保証を担当する部署が、これまでのデータや加速試験結果に基づいて、製品ごとに決めています。

一般的な成分の場合は、3年程度に設定していることが多いようです。

買ったまま一度も使わずに忘れていて、気がついたら表示の期限を過ぎた製品は、たとえ未開封であったとしても使用すべきではありません

一般的な構成成分から判断して、直ちに重大な傷害を発生するリスクは低いとは思いますが、安全性の面から使わないほうが良いでしょう。

もちろん、メーカーの補償は受けられませんよ。

未練がましく持っていないで、とっとと処分しましょう。

一旦開封したら

「一旦開封した目薬は、3ヶ月で使いきってください」と、各メーカーのサイトに掲示しています。

つまり、一旦キャップを外して咳気に触れた目薬の使用期限は、外箱の使用期限表示とは関係なく、開封時点から3ヶ月に短縮されると考えるべきです。

たとえ、外箱の使用期限が2年後までの表示だとしても、一旦キャップを開けたら、3ヶ月以内に使いきってくださいということです。

20160506e
開封した日が分からなくなると、知らないうちに3ヶ月が過ぎて、思わぬ傷害を生む可能性がありますから、上の写真のように開封した日を、セロテープなどで貼り付けておくと良いでしょう。

使いきれなかったからもったいないなどど、けち臭いことを言っていると、ひどい目にあうかもしれませんよ。

また、保管場所は、直射日光を避けて涼しい場所に保管しておくことが原則です。
車の中や、風呂場などに長期間放置した目薬は使わない方が良いでしょう。

冷蔵庫のなかは比較的安心ですが、絶対に凍らせないでくださいね。
凍らせることによって、結晶化や成分の変質が起こることもありますから、一旦凍らせた目薬は溶かしてもダメです。

さらに、冷蔵庫に入れておいても使用期限が延宝されるわけではありませんので、開封後3ヶ月を過ぎたら事故になる前にとっとと処分しましょう。

3ヶ月で使い切れるのか

開封してから3ヶ月間て、短く感じますね。

実際問題として、3ヶ月で使い切れるのでしょうか?

今、手元にある目薬の容量が13mlと表示されています。

一方、1滴の量は0.05mlと言われおり、そのうち結膜嚢に入るのは約0.02mlなので、これで十分なのです。

13ml÷0.05ml=260滴

目薬1本で、260回の点眼ができる計算です。

134065

両目に、毎日5回点眼すると、1日に10滴使用します。
260滴÷10滴=26日

つまり、適正な使用方法であれば、1ヶ月以内に使い切るのです。


なんでも調べる『いろはに情報館』です。

調査員は60代男性と50代女性。
熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。

ネット上にあふれる種々雑多な情報を
プロのテクニックで検索して
分かりやすく整理してお届けします。

もちろん、自分たちの経験や知見も
ふんだんに盛り込んでいますので、
借りてきた情報寄せ集めのまとめサイトとは
一線を画した内容を目指しています。

スポンサーリンク