中学生の夏休みの過ごし方は厳しく楽しく

中学生の夏休みは忙しい

部活動が毎日

部活動が毎日最低でも1~2時間かそれ以上の練習があります。

学校がある日には下校時間が決まっていて基本的な練習しかできなかったり、1~2年生のための練習ができなかったりしますが、夏休みは十分時間がかけられます。

また3年生にとって最後の試合シーズンにも入り何かと忙しい部活動になるのです。


スポンサーリンク


塾でも頑張るとき

中学生は部活動だけではありません。

塾も夏期講習のシーズンになり、塾・部活と大変な夏休みになります。

今の中学生はほぼ90%以上塾に通っています。

現在は高校受験のときに志望校を確実に決めてくれるのは塾なのです。

学校は「どうぞ!」と簡単に言われていまい、自分の子供のレベルも教えてはくれません。

やはり確実な志望校を決めるためには塾は絶対必要なのが現実です。

0-08

塾で勉強3時間など当たり前なのです。

高校受験を決めるのは夏休みの過ごし方とも言われています。

ここで遊んでしまうと9月からの重要なテストで成績が下がり、志望校が変ってしまいます。

最後は12月に決めるとは言え、ほぼ80%がこの時期に決まってしまうのです。

夏休みは学校での三者面談の季節でもあり、ゆっくりしていられないのが中学生なのです。

1、2年生はまだそこまで緊迫してはいませんが、9月のテストは重要なテストなので、塾も重点をおいて指導します。

気が抜けがちな学年ですが、夏期講習などで勉強する気持ちを作る時期でもあります。

宿題もたくさん

学校の宿題は漢字・数学の問題・読書感想文などですが、塾は学校の数倍の宿題と課題の提示があり、学校より四苦八苦するかもしれません。

たくさんの課題をこなしながら遊ぶ時間も作ることが今の中学生の生き方なのかもしれません。

中学生は塾も地域が学校と同じことが多く、学校の延長のようなメンバーになりがちなので、『塾もまた楽しい』になるのが中学生です。

多感な清純時代の一コマです。

楽しみもあり、勉強もある中学生。

うまく夏休みを過ごして、成績も上がるといいなと思います。


なんでも調べる『いろはに情報館』です。

調査員は60代男性と50代女性。
熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。

ネット上にあふれる種々雑多な情報を
プロのテクニックで検索して
分かりやすく整理してお届けします。

もちろん、自分たちの経験や知見も
ふんだんに盛り込んでいますので、
借りてきた情報寄せ集めのまとめサイトとは
一線を画した内容を目指しています。

スポンサーリンク