赤ちゃんにとって夏の昼寝の注意点

赤ちゃんは体温調節が未熟なのです。

赤ちゃんは体温調節機能が未熟です。

その上、体温も高いので大人よりも暑さを感じます。

また熱中症にもなりやすいので注意が必要です。


スポンサーリンク


赤ちゃんの体内には水分が多いので特に気を付けましょう。

暑い中にいるだけで水分が失われ脱水症状になりやすいのです。

エアコンの温度は少し高めに

最近ではエアコンを使って上手に温度管理されるご家庭も増えています。

エアコンを使う場合の注意点は温度です。

大人の温度に合わせず、28度くらいを目安に使いましょう。

少し暑いかなと感じる程度が赤ちゃんにとっての適温です。

エアコンよりドライがいいだろうと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ドライには温度が低くなりすぎる場合があり、部屋全体が冷たくなる

こともあります。

エアコンは冷房で温度管理しましょう。

エアコンに頼らず少し工夫してみましょう。

直射日光で干すと寝具が熱いよ

寝具は大丈夫ですか?

お天気がいいからと日中布団を干してそれに寝かそうと思っても予想外に布団が熱くなっていると眠れません。

これではエアコン使っても効果がありません。

夏は布団を干すときは日陰でも構いません。

部屋のカーテンごしにちょっとだけ干すなど工夫が必要です。

昔ながらのゴザを敷いて寝かしてみても涼しく感じて眠れます。

ゴザの効果で布団の下に風が通り涼しくなります。

扇風機の風を直接当てない

扇風機は直接風が当たらないようにして使います。

その際、網戸などで部屋の中に風が通るようにすると効果があります。

最近では寝具も冷たく感じるものも出ていますので、取り入れてみましょう。


スポンサーリンク


パジャマにもひと工夫。

背中が汗だくですと眠れません。

背中にタオルを襟からかけて背中に通しておくと汗を吸うので眠りやすいです。

時間が経ってタオルが必要なければ抜き出して取り除くのも簡単です。

パジャマの素材もガーゼや綿のものを選ぶとよいでしょう。

外出にも注意

赤ちゃんは外に出るだけでも疲れます。

午前中涼しい時間に少し日光浴や散歩などを行うと昼寝もよくしてくれます。

ちょっとしたひと工夫で赤ちゃんも快適になるはずです。


なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。


関連コンテンツ


スポンサーリンク