夏しかできないことを中学生の立場で考えてみよう。

もう親と一緒じゃない

中学生ともなればもう親と一緒に行動することも少なくなり、友達と行動を一緒にする機会が増えます。

だからと言って夜、出歩いていいわけではありません。

学校によっては友達のお宅に泊まることを禁止している学校も少なくありません。

河川敷も花火を禁止しているところも多く勝手に花火することもできません。

でも折角の夏、楽しみましょう。


スポンサーリンク


何と言っても部活動だぜ

部活動は一番活動が多くなる時期です。

部外試合もたくさん増えるでしょう。

sc_109A

夏は鍛えどきなのです。

強くなるには夏を制することが不可欠なのです。

夏は動くだけで汗も出ます。

高校見学に行こう

学校では中学生ともなると高校の見学シーズンでもあります。

まずはたくさんの高校を見学して、その高校のよいところを見つけて志望校を選ぶ参考にすることもよいでしょう。

高校の方でもイベント化していろいろな企画を行ってくれます。

部活動だけでなく授業風景、学校内の施設見学などほとんどの学校が夏に行います。

それを回って高校に夢をはせるのもいいことですね。

夏祭りの役職を引き受けよう

夏はお祭りなどもたくさん開催されます。

地元の夏祭りに参加してみることはよい勉強になります。

私たちの住んでいる町のお祭りは行列があり、その役職もあり、祭りムードを盛り上げてくれます。

そのほかにも揃いの服で行列して丸2日間お祭りになります。

役職だけでなくいろいろな準備からかかわっていくことも将来のためには必要なのではないでしょうか?

c_ev_sep021

中学生にしかできない役職もたくさんあります。

下の子供たちの面倒もあります。

そんな普段、縦のつながりがなくなった今こそ、年上、年下関係なくともに過ごすことも大切なのです。

お盆には先祖の供養と家の行事

今のご家庭ではお盆の風習も少なく、仏壇のあるご家庭も少ないのが現状です。

お盆のいろいろな行事は先祖の供養だけでなく、家の行事として経験しておくことも必要ではないでしょうか?

お盆は地域ごと、違うことが多いのです。

最低限のご供養の手伝いもしてみてはどうでしょう。
人がたくさん来るのがお盆でない。

それだけでも知ってほしいと思います。

ye_174A

お墓にも行って静かな時間を過ごすのもよいかもしれません。


なんでも調べる『いろはに情報館』です。

調査員は60代男性と50代女性。
熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。

ネット上にあふれる種々雑多な情報を
プロのテクニックで検索して
分かりやすく整理してお届けします。

もちろん、自分たちの経験や知見も
ふんだんに盛り込んでいますので、
借りてきた情報寄せ集めのまとめサイトとは
一線を画した内容を目指しています。

スポンサーリンク