windows10のうざい予約通知を消す方法を図解で教えます

禁じ手のアップグレード予約通知

マイクロソフトが、ひどいことを始めましたね。
例のwindows10への強制的なアップグレードです。


スポンサーリンク


windows7を使っている人なら、こんなポップアップを表示されて面食らった人も多いでしょう。

20160520a

なにしろ、「今すぐアップグレード」と「今夜アップグレード」しかボタンがないのだから、アップグレードをしたくない場合には、戸惑いますよね。

この画面が出たら完全に無視して、右上の[X]ボタンでウインドウを閉じてしまえば、予約はされません。

でも、10日ほどすると、またポップアップ・ウインドウが開くので、うざいです。

間違えてどこかのボタンをクリックしたら、windows10の予約が実行されてしまいます。

うざい予約通知を消す方法

正確には予約を消すのではなく、「再表示させない」方法です。

タスクバー上で右クリック

画面の一番下の何にもないところが、タスクバーです。
20160518f
ここで右クリックをすると、タスクバーのポップアップ・ウインドウが開きます。

プロパティ(R)をクリック

20160518g
ポップアップ・ウインドウの一番下の〔プロパティ〕をクリックすると、プロパティのウインドウが開きます。

〔カスタマイズ(C)〕をクリック

タスクバーのプロパティの中の〔カスタマイズ(C)〕をクリックすると、タスクバーに表示するアイコンの設定ウインドウが開きます。

20160518e

GWX「Windows10を入手する」を確認

20160518b

ウインドウの下に隠れているかもしれませんので、スライドバーを動かして下の方を探してください。
確認すると「アイコンと通知を表示」あるいは「通知のみを表示」になっていると思いますが、この設定を変更します。

20160520c

プルダウンメニューから非表示を選ぶ

20160520e
設定ボタンをクリックすると、プルダウン・メニューが開くので
「アイコンと通知を非表示」を選びます。

GWX「Windows10を入手する」を確認

20160520d
表示内容が変更されたことを確認します。

〔OK〕をクリックして終了

最後に、〔OK〕をクリックすれば終了です。


スポンサーリンク


Windows10を否定するつもりはないが

windows8は失敗作と言っても良いだろうが、Windows10については、今後の主流になっていくOSなのでしょうね。

Windows10を否定するつもりはないし、今後PCを買い換えるときには、Windows10にしようかとは思っています。

だけど、いつやるの?

今じゃないでしょ!

現在、Windows7で問題なく使っているところに、別のOSを導入する必要性を感じません。

Windows10にしたからといって、飛躍的に作業が改善される要素が見当たりませんから。

逆にネガティブな要素はいくつかあります。

  • 動作しないソフトがある
    ・全くダメなもの
    ・アップグレードが必要なもの
    ・再設定が必要なもの
  • 再設定に時間が取られる
  • 慣れないOSを使いこなすまでにおそらくミスを連発する。
  • 今は、PC作業時間が重要なので、邪魔されたくない。

だから、今すぐはアップグレードしたくないのです。

これに対して、マイクロソフトのやり口は、ちょっと悪質ですね。

まるで、三流ディベロッパーのような、だまし討ちに近い、強制的なアップグレード通知には、品位を疑ってしまいました。

ともかく、上記のような設定変更をすれば、再通知されなくなります。


なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。

スポンサーリンク