一人暮らしの料理では冷凍保存のコツが大事なポイント

一人暮らしでは自炊の材料が余る

一人暮らしを始めて自炊をすると材料を使いきることができません。

最近のスーパーではお一人様用もだいぶありますが、野菜などはどうしても余りがちです。

冷凍してうまく保存できれば、食費も抑えられること間違いなしです。


スポンサーリンク


冷凍の道具を揃えましょう

なんでもかんでもポリ袋に放り込んで冷凍すれば良いというものではありません。

素材によって、適した冷凍保存容器がありますから、それを揃えます。

タッパー、ジップロック、ラップは、最低限必要な道具です。

それ以外にアルミのお皿が欲しいですね。
100均などにBBQ用のアルミのお皿がありますが、できるだけトレーのような形のものがよいです。

急速冷凍させるには、熱伝導性が良いアルミの上に並べて冷凍してから袋などに入れて保存する方法があります。

肉料理など

ハンバーグ

ハンバーグなどは種が余ったら小さくまるめてアルミの上で冷凍してから肉団子として作っておく。

凍ったままでもお鍋にいれられます。

ハンバーグは焼いてから冷ましてからラップで包んで冷凍します。

餃子はアルミに並べてから袋に保存します。

カレー

カレーはジャガイモの水分が多いので、冷凍用にするならばジャガイモを入れずに作り、食べるときにゆでたジャガイモを入れる。

冷凍の際にジップロックで板のように薄く広げてから冷凍する。

煮物

ひじきなどの煮ものはお弁当用アルミ箔に入れてそのまま冷凍するとお弁当箱に凍ったまま入れてもうまく汁もこぼれず使えます。

唐揚げ

から揚げは揚げてからキッチンペーパーに包んでからアルミ箔に包み、それから冷凍保存する、食べるときはオーブントースターで焼くと脂が少し抜けたヘルシー唐揚げになります。


スポンサーリンク


野菜

野菜の保存はどうでしょう。
個別に説明します。

キャベツ

キャベツの千切りは少ししんなりしますが、千切りをそのまま冷凍して使うとき自然解凍で柔らかめの千切りキャベツができます。

また大きい葉っぱのままゆでておけばスープに使うとき便利です。

0-02

ブロッコリーとカリフラワー

ブロッコリーとカリフラーは固めにゆでて、解凍はもう一度茹でるとよいです。

0-010-20

葉物野菜

ほうれん草や小松菜、かき菜などは、茹でて小分けにしておけば、解凍してそのまま使えます。

ネギ

ねぎは輪切りに切って冷凍しておけば、冷凍のまま冷やっこや納豆の薬味に使えます。

0-92

オクラとごぼう

オクラ、ごぼうなどは茹でてから冷凍です。

きのこ類

調理する大きさに切って、冷凍しておきます。
冷凍のまま、炒めモノやスープに投入して簡単に使えます。

パン

パンは、保存が悪いとカビが生えるし、冷蔵だと乾燥して固くなってしまいますが、一枚ずつ冷凍してオーブントースターでそのまま焼けば大丈夫です。

一人暮らしの自炊には、冷凍技術は必需品です。

いろいろと工夫をして、冷凍しておけば急に何かをつくりたくなっても大丈夫です。
しかも、材料をムダにしないので、一石二鳥です。

うまく冷凍して料理に生かしましょう。

一人暮らし関連記事


なんでも調べる『いろはに情報館』です。

調査員は60代男性と50代女性。
熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。

ネット上にあふれる種々雑多な情報を
プロのテクニックで検索して
分かりやすく整理してお届けします。

もちろん、自分たちの経験や知見も
ふんだんに盛り込んでいますので、
借りてきた情報寄せ集めのまとめサイトとは
一線を画した内容を目指しています。

スポンサーリンク