一人暮らしの女性が自炊費用にいくら必要か。

女性一人暮らしの自炊に必要な設備費用と材料費を分けて考える

女性が一人暮らしを始めようとした時に自炊費用にいくらかかるかを考えると、鍋釜などの設備費用と肉野菜などの材料費を分けて考える必要があります。


スポンサーリンク


自炊ためのキッチン用具だけなら1万円もあれば

まず一人暮らしで自炊するとなればまず道具が必要ですよね。

最近の独身者用アパートならば家具家電付きが増えているので、冷蔵庫・レンジなどがついていますから、初期費用には換算しなくてすみます。

炊飯器は考えようですね。
朝食がパン食の方なら、必要ないかもしれません。

毎食でなければ、レトルトパックのご飯やコンビニの弁当やおにぎりでもまかなえますからね。

自炊すると思っても、それほど張り切って揃える必要はありません。

家電を除いて、キッチン用具などだけであれば、1万円もあれば大丈夫です。

鍋、フライパン、やかん類はリサイクルショップで

26センチ程度のフライパンを各1個。

鍋とフライパンは、ガス用かIH用かをきちんと見てから、サイズを確認して買いましょうね。

鍋は片手鍋が使いやすいです。
材質は、ステンレスかホーローが良いですね。

フライパンは、深型を用意しておくと、いざという時に鍋の代わりにもなります。

それほど高いものは必要ありません。
合わせて4,000円程度で探してみましょう。

やかん電気ポットは一人用ならば1500円程度でもあります。

ここまでで5,500円ですが、オフハウスや、トレジャーファクトリーのような、リサイクルショップを活用すると安いものが見つかりますよ。

細かな食器類は100均で揃える

細かいものは100均で賄えば
「これが100均で買えるの」
と思うようなものも多いので、しっかり揃います。

包丁、まな板、スプーン、ざる、水切り、菜箸などもそろいますよ。

お皿や茶碗も100均にたくさんのサイズがありますから、一時にたくさんそろえなくても必要なときに買い足せばよいです。

最初にたくさん種類を揃えても使いずらいものは使わなくなりますからね。

使いやすいサイズを揃ろえていくようにした方が合理的です。

一人暮らしではホットプレートが活躍

予算に余裕があるなら、ホットプレートを揃えたいです。

卓上で焼き物や焼きそばなどを作るのに便利です。


スポンサーリンク


食材の費用は2万円以上見ておきましょう

自炊の費用は毎日の自炊にどれだけお金を使うのか?

調べてみるとだいたい1ヶ月2万円~3万円かかるようです。

自炊だからと頑張りすぎて、朝・昼・晩の3食と考えるより、朝は簡単にパンと残り物などですませ、昼はお弁当、夜はおかず作る程度に、ゆる~く考えましょう。

でもコンビニでお昼はすますとか、金額を決めておけば無理なくできると思います。

野菜もスーパーによっては人参1本でも売っていますし、コンビニでもスーパーと変わらない値段で野菜が買えます。

外食は塩分などが多く、ちょっと心配な部分もありますし、野菜不足の片寄りも心配です。

冷凍物は使わないなんてガチガチにならず、少し緩めの決め事にしておくと長く続きますよ。

将来家庭に入ればいやってほどご飯作るわかですから、少し腕を試す程度の自炊にして、長くいろいろ作れるくらいが一番よいのかもしれません。

予備に少し金額を残しておけばたまのごちそうも可能です。

まずは楽しみながら、挫折しながら作るようにすれば自炊もまた面白くなるはずです。

一人暮らし関連記事


なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。


スポンサーリンク



こちらの記事もご覧ください。
関連コンテンツ