年間電気代をエアコンと冷蔵庫で比べてみたら。

エアコンの電気代を計算してみましょう

夏になると冷房の電気代が心配ですね。

地球温暖化の影響なのか、室内での熱中症が増えている現代では、エアコンは必須アイテムです。

高校などでも、贅沢品と言われたエアコンが入っている時代です。

家庭内でも必要不可欠な家電になっています。


スポンサーリンク


エアコンって年間どれだけ電気代がかかっているのでしょう。

エアコンの冷房費を計算します。

6畳用のエアコンで計算してみます。

家電の取扱説明書にその家電の消費電力が載っています。
売れ筋各社の6畳用の代表機種を調べてみました。
三菱が440w、パナソニックが425w、ダイキンが425w、日立が400wでした。

中間の425wで計算してみます。
これをキロワットに換算します。

0.425kwになります。

使用時間と電気量単価をかけます。

電気料金の単価は、条件が複雑で単純に平均値などを出しにくいのですが、資源エネルギー庁 電気料金の水準平成27年 によると、平成25年の電灯料金は24.3円/kWhでしたので、これを使います。

式  電気代=消費電力×時間×電気量単価

0.425[kw]×1[hr]×24.3[円/kwh]=10.4[円/hr]
(少数点以下第2位を繰り上げ)

1時間に10.4円かかると考えて毎日8時間使用する場合

10.4[円/hr]×8[hr/day]=83.2[円/day]

それを一か月に換算すると

83.2[円/day]×30[day]
=2,496[円/month]になります。

0-61

エアコンの暖房費を計算します。

暖房の場合は同じエアコンでも消費電力が若干大きくなります。

冷房の計算で使った同じ機種の各社の暖房費の消費電力は次の通りです。
三菱が465w、パナソニックが440w、ダイキンが450w、日立が430wでした。

ダイキンの450wで計算します。
冷房よりも25wほど高くなる計算ですね。

450wで、冷房と同じ手順で計算をすると、
2,688[円/month]になります。

冷房よりも、月額で192円高いです。

年間でいくらでしょうか

エアコンの場合、一年中使用するわけではないので参考までに、使用期間だけを合算すると

冷房の季節が、6月、7月、8月、9月の4か月で、9,984円
暖房の季節が、12月、1月、2月の3か月で、8,046円

合計で18,048円です。

当然、お住まいの地域と、電力契約条件になどによって大きく変わります。

また、暖房は石油を使うので、冬はエアコンを使わない家庭であれば、冬のエアコン代は必要ありませんね。

エアコンの電気代を安くするには

エアコンの電気代は、コンプレッサー(冷暖房能力)と送風機(ファン)の合算ですが、送風機の電気代は1時間あたり0.4円程度であり、電気代の殆どはコンプレッサーの駆動費用なのです。

極端な例ですが、仮に24時間エアコンを連続運転しても、室温が設定温度と同じであれば、コンプレッサーがまったく起動せず、電気代は送風運転の10円(0.4円×24時間)で済むことになるのです。

ですから、エアコンの電気代を安くするためには、コンプレッサーが運転する時間をいかに短くするかがポイントになります。

しかし、外気温が変動するのですから、なかなか思うようにはなりません。

そこで、一般的には次のような対策があげられます。

★エアコンの電気代を安くする方法★
  • 設定温度を上げる
  • エアコンの風量を自動運転にしてコンプレッサーと連携させる
  • カーテンやブラインドシャッターで遮光する
  • 断熱ガラスをつかう
  • サーキュレータで室内空気を循環する
  • 室外機を冷やす(遮光、水かけなど)
  • こまめにフィルターを掃除する
  • 古いエアコンは買い換える

しかし、実際には、エアコンは外気温が異常に高いときには大きな電力を使い、日によって格差があります。

冷夏のとき、暖冬の時などによっても違います。


スポンサーリンク


冷蔵庫の電気代を計算してみましょう

冷蔵庫はどうでしょう。

エアコンと違い、24時間365日止まることもなく動いています。

冷蔵庫は年間の消費電力が取説に書いてあります。
それで計算してみましょう。

例えば、三菱の600L大型冷蔵庫(MR-JX61Z)の年間消費電力は、308kwhです。
電気代は、308[kwh]×24.3[円/kwh]=7,484円

エアコンと比べると断然冷蔵庫の方が安いのです。

冷蔵庫は一定の温度を維持しながら作動しているため、過剰に電力を使う仕組みになっていません。

また外気に影響されやすいエアコンに比べて室内に置いてあるため、年間通じて電力の上下が少ないのです。

電気代の関連記事


なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。

スポンサーリンク