一人暮らしの初期費用!女性の場合は。

男女共通の初期費用

一人暮らしを始めようとすると最初にかかるのがこれです。

  • 家賃(家賃にかかわるその他費用・敷金・礼金・仲介手数料)
  • 引越し費用(一般的な引越しメーカー)
  • 生活用品(家具家電、その他生活用具)

ここまでは男性も女性も変りません。


スポンサーリンク


バカにならない家賃契約の経費

新規契約の場合は、家賃の他に敷金や礼金などが必要になりますので、家賃の5倍のお金が必要になります。

これだけでも結構な金額になります。

一般的な例で言えば、

  • 敷金 2ヶ月分
  • 礼金 1ヶ月分
  • 仲介手数料 1ヶ月分
  • 前家賃 1ヶ月分

合計すると、入居前に家賃5ヶ月分の現金が必要になります。

家賃が5万円の場合なら、25万円のお金が部屋の契約代として必要になるわけです。

これでは少々部屋が気に入らないとしても、簡単に引越しするわけにもいきませんから、選ぶのも慎重になりますね。

もちろん、条件は個々に違いますから、手数料が不要な場合もあるし、火災保険料を請求されるような場合もあります。

0-02

連帯保証人を立てられない場合には、保証会社の費用として家賃の半額とかを請求されるケースもありますので、契約条件をよく確認しましょう。

ゼロゼロ物件に注意

家賃の初期費用の敷金、礼金が0の物件も多く宣伝されています。

これらを、『ゼロゼロ物件』といいますが、安いからと飛びつく前に、条件をよく検討する必要がありますよ。

市場原理から考えて、通常よりも条件が甘いということは、何かしらウラがあると考えるべきなのです。

どんな裏があるか、幾つかの例を提示します。

  • 人気が薄く、借り手が見つからない
    (日当たりが悪い、騒音が大きい、駅から遠い、築年数が古い)
  • 撤去時に壁紙クリーニング代や消毒代が請求される
  • 賃貸保証会社との契約を義務付けている
  • 家賃が高めに設定されている
  • 契約期間内の退去に高額の違約金がかかる

などがありますが、どれも、契約条項をきちんと確認すれば最初から分かることです。

例えば、あなたがほとんど仕事に出ていて、夜寝るだけのアパートであれば、日当たりの悪さなんか関係ありませんね。

その他の条件も、自分の生活パターンに照らして、問題がなければ契約すればよいでしょう。

くれぐれも、あとで知らなかった、では済まされないので、きちんと契約条件を確認することです。

その上で、自分にとって満足できる条件の良い物件を探せばよいでしょう。

0-98

引越費用

引越し費用は、一人用で相場4万円ほどですが、実は時期によって大きく違うのです。

荷物が少ない単身者の引越し料金は、通常は35,000円程度ですが、
3月~5月の繁忙期は45,000円に跳ね上がります。

どうしても、進学や転勤に伴って、3月~5月の引っ越しが多いのですが、もしも調整が出来るのであれば、時期をずらせば、1万程度は安くなる可能性があります。

単身者と言っても、家財道具が増えれば料金が上がるので、見積もりを取ってから発注するほうが良いでしょう。


スポンサーリンク


家財道具

最近は家具家電付きの物件も多くなってきました。

我が家の娘は家具家電付きだったので相当少ない金額でアパートに引っ越しました。

もし、何も付いていなくて、生活用品も冷蔵庫・洗濯機・テレビなど揃えれば、20万円以上かかります。

それに普通に生活するためのキッチン道具なども必要になり結構な金額がでていきます。

女性はセキュリティに費用が

1階は女性には人気がなく、空いていることが多いようです。

最近は物騒な事件が報道されて、その影響でしょうか、セキュリテーの高いマンションに人気があり、家賃も高額になっている傾向があります。

1階より2階以上、2階と3階では家賃も違います。
上にいけばいくほど高くなるのです。

1階の部屋を借りた女性では、女性一人暮らしをカモフラージュする工夫をしている人もいます。

たとえば

  • 男物の下着や衣料品を買ってきてベランダに干すとか、
  • 表札に男性の名前を表示するとか。

m025

女性専用のマンションとなるともっと厳格でしょう。

防犯カメラは当然、何台も設置されており、エレベーターにも防犯カメラ付き。

オートロックも当たり前の時代なのです。

その分家賃に反映されて高額になるわけです。

女子学生など地方から出てきて心配な親御さんは、家賃よりセキュリテーが重要だと、女性専用マンションを選びます。

一般に、女性専用マンションは、

  • 駅から近い
  • 周りが明るい
  • 住宅が孤立していない
  • 物件が小ぎれいである

など要求項目が項目が増えるので、それに連れて家賃が高い物件になります。

女性専用とは限りませんが、ホームセキュリテー付きアパートも増えている時代です。

そういう物件が早く決まるのも分かるような気がしますね。

世間をにぎわすニュースで、より一層心配になるので、守ることは当然になり、お金には代えられないと思うのでしょう。

ここ数年の初期費用が女性だけが右肩上がりなのが現実ですが、好ましくない状況です。

これが都会に住むことになればより一層高くなるわけです。

一人暮らし関連記事


なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。


スポンサーリンク



こちらの記事もご覧ください。
関連コンテンツ