お彼岸におはぎを食べる理由は?ぼたもちは?

ye_173A

春のお彼岸には『ぼたもち(牡丹餅)』で、秋のお彼岸には『おはぎ(御萩)』を食べます。

なぜ、お彼岸におはぎを食べるのでしょうか?
その理由を調べてみました。

小豆とお彼岸との関わり

その昔、赤は魔除けを表す色と考えられていました。
神社の龍神様などが赤く塗られていたのも、邪気を払うためです。

ご先祖様をお参りするお彼岸にも、邪気を払う赤い食べ物が好ましいと昔の人は考えました。

20160728a

小豆の豆も赤い色なので、邪気を払う食べ物として小豆を使ったおはぎが先祖を敬うお彼岸に食べるようになったのです。

年二回、甘い「おはぎ」と「ぼたもち」が当時の庶民の最高の御馳走、おやつだったのでしょうね。

家族の無事を願う気持ちが「おはぎ」に込められていたとも言われています。


スポンサーリンク


小豆の収穫時期

「おはぎ」も「ぼたもち」も、小豆が活躍します。

小豆は種まきが4~6月、収穫が9~11月なのです。

秋は収穫直後で小豆の皮が柔らかい

昔は新しい小豆の採れる9月は、小豆の皮も柔らかいので皮をそのまま使った「粒あん」のおはぎにしました。

萩の花ご存じですか?
少し花が長い花です。

303855

それに見立てておはぎは楕円の形が基本になったと言われています。

春は保存後で小豆の皮が固い

春になると保存していた小豆を使いますが、豆の皮が固くなります。
その皮をむいて「こしあん」にしました。

またこの時期に咲く牡丹の花は丸く大きいので、『牡丹餅』から春のお彼岸は「ぼたもち」になり、丸い形のこしあんになったと伝えられています。

そうは言っても江戸時代には砂糖は貴重品。庶民の手には入りません。
当時は甘いものは干柿・さつまいも・水あめ程度です。

またほかの「嗜好品」と言っても、せいぜい木の実などです。

甘いものは本当に貴重で高価だったのです。


スポンサーリンク


田んぼのあぜ道で

秋のお彼岸の季節に鮮やかに咲く花で「彼岸花」があります。

higan2

この花は根に毒がありますが、その昔、田んぼの稲を狙うもぐらよけになるのであぜ道に植えて防御したといわれています。

おはぎを作り、彼岸花の咲くあぜ道で農作業の合間に食べることが贅沢だった時代ですね。

甘くないおはぎ

現代ではお彼岸の季節に和菓子屋さんで作ったものを購入して食べることが多くなりました。

現代では甘いものは数えきれないほどあります。

洋菓子・和菓子、その他にも新作のスィーツがなんでもあります。

最近のおはぎが甘くないのご存じですか?
甘いものは敵というイメージで砂糖がよくないという時代になっています。

でも甘くない分、数を多く食べてしまうのでそれはそれでまた問題だと思います。

今年のお彼岸は少し甘めのおはぎを作って昔の時代に浸って先祖を敬ってみてはいかがでしょうか。

またいつもとは違うお彼岸になって子供たちには新鮮になるかもしれませんね。


なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。


関連コンテンツ


スポンサーリンク