準中型免許に対応するための普通免許はいつまでに取るべきか

平成29年(2017年)3月12日から、新しく「準中型免許」が施行されます。

コンビニの商品補充や家庭向け宅配便に使われる、2t~3t車が中心のデリバリー貨物車を高卒新人である18歳でも運転可能にする方策です。

準中型免許の制度が始まると、普通免許の権利範囲が狭められてしまうのです。


スポンサーリンク


自動車運転免許の資格範囲の変遷

現在の普通免許では、車両総重量が5トン未満(最大積載量3トン未満)の貨物自動車を運転することが出来ます。

それが、新制度では、車両総重量3.5トン(最大積載量2トン未満)に縮減されてしまうのです。

20161125e

新たに「準中型免許」が出来ますが、10年以上前の普通免許ならばこの準中型免許の範囲を完全に包含していました。

一旦取得した免許の権利は狭められることはありません。

10年前の普通免許は、現在では中型免許(8t限定)に格上げされているのです。

免許は早く取ったほうが特になることが多いです。

普通免許が準中型免許に格上げになる

さて、準中型免許ができる前に普通免許を取れば、新制度施行と同時に、自動的に「準中型免許(5t限定)」に格上げされるのです。

こんなにおいしい話を逃す手はありません。

だから、可能であれば、普通免許は新制度施行前に取るべきです。
この記事の中では、これを『おいしい普通免許』と呼ぶことにしましょう。

いつまでに取るべきか

では、『おいしい普通免許』はいつまでに取れば良いでしょうか。

新制度施行日である2017年3月12日は日曜日です。

前日の3月11日(土)も運転免許受験は出来ませんから、3月10日(金)がおいしい普通免許の最終日になります。

3月10日までに受験すること

ここで勘違いしてはいけないのは、3月10日に教習所を卒業することではないのですよ。

教習所を卒業しても技能試験免除の資格を取得するだけで、免許がもらえるわけではありません。

教習所卒業から1年以内に、実際に試験場に出向いて、適性検査と学科試験を受けて合格しなければ免許証は交付されません。

ですから、3月10日に実際に受験して、当日に交付されることが、おいしい普通免許を取得できる最終日になります。

誕生日の前日に満18歳になります

普通免許の受験資格は、満18歳以上です。

3月10日に、18歳に達していなければならないのです。
では、何年何月何日生まれの人がギリギリ間に合うのでしょうか。

18歳になるのが、誕生日だと思っていませんか?
年齢に関する法律によると、誕生日の前日に1歳が加算されるのです。

すると、平成29年3月10日に18歳であるためには、平成11年(1999年)3月11日生まれ以前の人が条件になります。

平成11年3月12日以降に生まれた人は、残念ながら美味しい普通免許を受験する資格がありません。

教習所受付

教習所は2017年1月末には入学すること

試験当日の体調不良や、ふとした勘違いで、学科試験に落ちる可能性もあります。
もし、学科試験に落ちてしまい、翌月曜日(3月13日)に受験して合格すると、資格範囲が狭くなった新制度のおいしくない普通免許が交付されてしまいます。

ですから、誕生日に余裕がある人は、1週間ほど早めに行動を起こすべきです。

通学教習なら通常は卒業までに1ヶ月程度かかりますから、2月末日に教習所を卒業するためには、1月末には入学する必要があります。

合宿教習なら最短で16日で卒業できるので、2月13日スタートでも間に合う可能性があります。

おいしい普通免許取得のためには、計画的な行動が必要ですよ。


なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。


関連コンテンツ


スポンサーリンク