小荷物の送料で安い方法は何だろうか? 郵便サービスの比較一覧表

最近では物流システムが発達して、小さな荷物を送る方法がたくさんあり、選択に迷ってしまいます。

一言で物を送ると言っても、大きさ、重さ、距離などの条件が異なるので一概には言えない事情があります。

そこで、一定の条件を設定して、郵便サービス比較一覧表に並べて比較してみたいと思います。


スポンサーリンク


小荷物でも宅配便では700円台になってしまう

★発送条件★
  • 送るもの:書籍
  • 寸法:A4サイズで厚さ2.5cm
  • 重さ:1kg以下
  • 信書:入れない
  • 発着地:東京発→大阪着

このくらい軽いものだと、圧倒的に郵便のサービスが充実しています。
宅配便トリオの黒猫宅急便、佐川飛脚便、ゆうパックでは太刀打ちできません。

上記の条件で宅配便の料金を先に示しておきます。

  • 黒猫宅急便:764円(持ち込み100円減額済)
  • 佐川飛脚便:764円(持ち込み100円減額済)
  • ゆうパック:720円(持ち込み120円減額済)
  • はこBOON:701円(持ち込みが前提条件)

このように宅配便では、どれも700円台になってしまいます。

郵便局のサービスはこれらよりもずっと安いのですが、たくさん種類があるので、どれを選んだら良いのか迷ってしまいます。

小荷物を送る郵便サービスを比較一覧表にしました

この程度の軽い本を送るための郵便局のサービスには次のような種類があります。

  • 定形外郵便
  • レターパック
  • ゆうメール
  • ゆうパケット
  • スマートレター
  • クリックポスト
  • ゆうパック

似たような名前なので、何がどう違うのかさっぱり分かりませんね。

郵便サービスの特徴を比較一覧表にまとめてみましょう。
料金が安い順に並べてみました。
(スマートレターでは今回のA4書籍は送れませんが、参考のために一緒に加えました)

送る品物はこれ
〔A4サイズの書籍、厚さ2.5cm、重さ1kg以下〕東京から大阪まで

 サービス名 料金

追跡 受領
重さ
kg

イズ
cm
厚さ
cm
休日
配達
信書 特徴
クリックポスト 164 1 A4 3 × YahooIDとプリンタが必要
ゆうパケット 300 1 60 3 × 厚さで3段階料金
ゆうメール 350 3 170 × 印刷物専用(旧冊子小包)
中身が見えること 重量課金制
レターパック
ライト
360 4 A4 3 専用封筒購入
レターパック
プラス
510 4 A4 専用封筒購入
 定形外郵便 600  – 4 90 重量課金制
ゆうパック 840 30 170 × 宅配便、距離&重量課金制
スマートレター 180 1 A5 2 専用封筒購入
  • 追跡:問合せ番号がついて、インターネットで配達状況の追跡ができる
  • 受領印:対面配達で受領印を押して貰う
  • 重さ:取り扱い可能な最大重量〔kg〕
  • サイズ:取り扱い可能な荷物の3辺(A+B+C)の合計長さ〔cm〕
    A4とは、34cmx25cm(A4ファイルサイズ)
    A5とは、25cmx17cm(A5ファイルサイズ)
  • 厚さ:取り扱い可能な最大厚さ〔cm〕
  • 休日配達:祝日、日曜でも配達する
  • 信書:個人向けの手紙を入れて良い
    「郵便物」扱いのサービスは信書を入れても良い
    「荷物」扱いのサービスには信書を入れてはいけません
    信書とは、特定の個人向けに書かれた手紙や書類です。

小荷物向け郵便サービスの特徴

郵便サービスの最大の特徴は、全国均一料金ですね。
距離に関係なく均一料金なのは、とてもありがたいことです。
(宅配便扱いの「ゆうパック」は距離による料金区分けがあります)

上の表に表せなかった各サービスの詳細を書きます。

クリックポスト(164円)

圧倒的に安くて手厚いサービス

重量1kg、A4ファイルサイズで厚さ3cm以内ならば、どんなものでも全国一律164円という圧倒的な安さで、他のサービスとは一線を画しています。

しかも、休日配達でインターネットで追跡も可能ですから、普通の郵便物よりも手厚いサービスになっています。

  • 厚さが3cm以内
  • 大きさはA4ファイルサイズ
  • 重さは1kg以内
  • 追跡サービスあり
  • 休日配達対応
  • 航空輸送を使わない(遠距離は遅い)
  • 郵便受けに配達して受領印はもらわない

遠距離ではちょっと遅いかも

クリックポストは航空輸送を使わない設定になっているので、北海道や沖縄などでは配達日数が長くなります。
航空輸送が必要ない近距離であれば、他の郵便サービスと配達までの日数に差はありません。

送るものはヤフオクに限定されない

もともとは、ヤフーオークションの落札商品を安く送るために、ヤフージャパンと日本郵政が共同で開発したサービスですが、送る品物はヤフオクに限定されていません。

だから、1kg以内の小物を送るなら、最初の選択肢にすべきです。

どんなものでもと言っても、信書、現金、危険物などの禁制品はダメですよ。

ユーザー条件がちょっと厳しい

とても便利で安いサービスですが、次のような条件を満たさなければならないので、ちょっと敷居が高いですね。

  • Yahoo!の会員IDを持っている
  • Yahoo!ウォレットに登録している
  • クレジットカード所有者である
  • インターネット接続環境がある
  • pdfファイルと印刷できるプリンタがある

この条件が満たせない人は、次項の「ゆうパケット」を利用しましょう。
サービス内容は、クリックポストとほとんど同じです。

送るのは簡単

手順通りに作業をすすめると次のようなラベルが印刷できるので、これを切り取って荷物に貼り付けて郵便ポストに投函します。

カラーで表示されますが、モノクロレーザープリンタなどによる白黒印刷でも有効です。

このラベルと同時に、追跡のための問い合わせ番号もプリントされます。

20170106b

ゆうパケット(250円~350円)

クリックポストとほとんど同じサービス

サービス内容は次の通りほとんど同じです。

  • 厚さが3cm以内
  • 大きさはA4ファイルサイズ並み(実質的に)
  • 重さは1kg以内
  • 追跡サービスあり
  • 休日配達対応
  • 航空輸送を使わない
  • 郵便受けに配達して受領印はもらわない

違うのは、ただ1点です。
特別なユーザー条件がないので、誰でも使えます。

サイズは若干自由度がある

厚さが3cm以内の薄物に限定したサービスです。

3辺の和(A+B+C)が60cm以内で、長辺が34cm以内となると、実質的にA4ファイルサイズに限定されてしまいますから、クリックポストと同じなんですね。

クリックポストよりも若干自由度があって、クリックポストでは許されない28cmの正方形(厚さ3cm)が送れます。
(クリックポストは、短辺の長さが25cmを越えてはいけません)

料金は3段階

ただし料金は2倍近くになってしまいます。
厚さ別に3段階の料金設定があります。

  • 厚さ 1cm以下 250円
  • 厚さ 2cm以下 300円
  • 厚さ 3cm以下 350円

専用の宛名シールを使う

郵便局で専用の宛名シールをもらいます。
たくさん使うならば、少しまとめてもらっておくと良いでしょう。

宛名シールは、専用のシステムで自分で印刷することも出来ます。

20170106d

専用シールに宛名と依頼人を記入して、荷物に貼り付けます。

料金分の切手を貼ってポストに投函します。


スポンサーリンク


ゆうメール(180円~610円)

印刷物専用のサービス(旧冊子小包)

印刷物専用なので、中身が見えるように封筒の一部を開けておく必要があります。
封筒の一部を切り欠きで中が見えるようにします。
あるいは、包装の一部を透明な材質にして、中身が見えるようにしてもOKです。

追跡サービスはありません。

送るものは印刷物に限る

手書きの原稿や文書は送れません。

冊子状の印刷物
書籍、雑誌、同人誌、カタログ、カレンダーなど
電子的な印刷物
CDやDVDなどの

20170107a

料金は重量課金

料金は重量だけで決まり、サイズは関係ありません。

 重量 料金
 150gまで 180円
 250gまで 215円
500gまで 300円
1kgまで 350円
2kgまで 460円
3kgまで 610円

最大サイズ

3辺合計 A+B+C=170cm まで

最小サイズ
長さ14cm 幅9cm
(円筒形の場合は、直径3cm 長さ14cmまで)

レターパック(360円&510円)

レターパックは、A4 サイズの厚紙の封筒を購入します。

郵便物の取り扱いなので、信書を入れることが出来ます。

追跡サービスあり、休日配達に対応しています。

レターパックは2種類あります。

レターパックライト 全国一律360円です
郵便受け配達
厚さは3cm以内
レターパックプラス 全国一律510円です
対面配達で受領印あり
厚さの制限無し

レターパックライト(360円)

郵便受け投函なので受領印はもらいません。

郵便受け配達なので、一般の郵便受けに入るように、厚さは3cmまでに制限されています。
ジャンベ張り替え 078

レターパックプラス(510円)

対面配達で受領印をもらいます。

郵便受けに入れずに直接手渡すので、厚さの制限がありません。

ジャンベ張り替え 079

厚さの制限がないので、どんな形に変形しても構いません。

下の写真は、ハガキを1000枚入れた実験写真です。
これでも、もちろん有効です。

20170106a

定形外郵便(120円~1180円)

定形郵便よりも大きいサイズの普通の郵便物です。

寸法制限

20170105a

料金表

 重さ 料金
50g以内 120円
100g以内 140円
150g以内 205円
250g以内 250円
500g以内 400円
1kg以内 600円
2kg以内 870円
4kg以内 1180円

ゆうパック

黒猫ヤマト宅急便や佐川飛脚便と同様の宅配サービスです。
配送距離と重量によって料金が変わります。

この記事の主旨にそぐわないので、詳細は別途調べてください。

スマートレター(180円)

レターパックを小型にしたようなサービスですが、次の2点が違います。

  • 休日配達はしない
  • 追跡サービスなし

サイズと重さ

A5ファイルサイズの専用封筒を購入します。

  • サイズ:25cm x 17cm(A5ファイルサイズ)
  • 厚さ:2cmまで
  • 重さ:1kgまで

20170107c

送れるもの

現金や禁制品以外であれば、信書も含めてなんでも送ることができます。

20170107b

まとめ

郵便物と荷物の違い

郵便局で扱うサービスには、

  • 信書を入れることが出来る『郵便物』扱いと
  • 信書を入れてはいけない『貨物』扱いがあります。

分かりにくい郵便サービスのネーミングですが、ここには大きな原則があるようです。

『郵便』と『レター』がつくサービスは『郵便物』扱いで信書を入れることが出来ます。

それ以外のネーミングは『荷物』扱いになります。

小荷物の発送が多い人はクリックポスト登録を

ユーザー登録がやや面倒なクリックポストですが、そのサービス内容と料金を比較すると抜群のコスパを発揮します。

1年に1回か2回しか小荷物を発送しない人は、ゆうパケットで良いでしょうが、もう少し発送回数が多い人は、一手間をかけても、クリックポストの登録をおすすめします。

中身よりも送料が高くなるような一見無駄な作業を避けるためにも、全国一律164円は大きな魅力です。

上記の内容は、2017年1月10日に確認しました。
料金やサービス内容は変わることがありますので、日本郵政のサイトで確認してください。

  


なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。


スポンサーリンク



こちらの記事もご覧ください。
関連コンテンツ